介護/介護保険の手続き・申請

ケアマネジャーの仕事・役割

在宅介護を行う上で、ケアマネジャーの存在は非常に大きなものです。ケアマネジャーが果たしてくれる役割についてご紹介します。

この記事の担当ガイド

人呼んで「カリスマ」介護アドバイザー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそもケアマネジャーってどんなもの?

ケアマネージャーは在宅介護を行ううえで重要なパートナーです

ケアマネジャーは在宅介護を行ううえで重要なパートナーです

実際に介護保険サービスを利用したことのない方の場合、「ケアマネジャー」という言葉は知っていても、具体的にどういう役割を持った人なのかがよくわからない場合がほとんど。まずはケアマネジャーがどんな仕事をする人なのかをご紹介しましょう。

介護保険制度において介護を必要とされる方のために、ケアプラン(介護サービス計画)の作成や介護サービスの調整・管理を行うがケアマネジャーの主な役割です。ケアマネジャーが行う主な業務は、次の通りです。

1.要介護者の課題分析とサービスとニーズの把握
介護が必要となった方は、ほとんどの場合、従来通り自宅で不自由なく暮らしたいもの。そのためには、何ができて何ができないかや、その原因を把握することが重要です。

ケアマネジャーによる主な確認事項は、次の通りです。
  • 今までどのような生活をしていたのか
  • どうして介護が必要な状態になったのか
  • これからどのように暮らしていきたいのか
  • 家族はどのように関わることができるのか
  • 近所付き合いはどうだったのか
  • 家族との関係はどうだったのか
ケアマネジャーは、こうしたことを要介護者本人やその家族に確認しながら、今後の生活を一緒に考えてくれます。このステップを踏むことで、初めてケアプランの作成に着手することができます。

2.ケアプラン(介護サービス計画)の作成
ケアプランとは、どういう介護サービスをどの程度利用するかを決めた計画書のこと。要介護度別に1カ月に利用できるサービスの上限額が決まっているので、要介護者の心身の状態や家族の事情に合ったプランを作ることが大切です。

サービス事業者は利用者が自由に選ぶことができるので、希望がある場合は遠慮なくケアマネジャーに伝えましょう。ケアプランが決まったら、それに沿って介護サービスが提供されることになります。

3.サービス担当者会議の運営
サービス担当者会議とは、要介護者本人のよりよい生活を実現するために、どのような目標を立て、支援をしたらよいのかを話し合うため、本人、家族、サービス担当者が集まって行う会議です。

サービス担当者会議は、次のようなときに開催されます。
  • 初めてケアプランを作成するとき
  • 要介護度が変更になるとき
  • 要支援から要介護へ変更(逆の場合にも)になるとき
  • 要介護の更新認定などを受けたとき
このほかにも必要に合わせて随時開催することとなっています。サービス担当者会議の際には、家族もなるべく立ち会って希望などを伝えるようにしましょう。

4.ケアプランの継続的な管理と再評価
いくら検討を重ねて作ったケアプランでも、そのまま作りっぱなしではいけません。要介護者の心身の状況や家族の事情などの変化に伴い、変更・改善すべきところがないかを常にチェックしていくことが大切です。

主なチェックポイントは、次の通りです。
  • 自立して暮らし続けられるように、適切なサービスや援助を受けているか
  • ケアプランに沿って、きちんと援助が受けられているか
  • 新たなニーズはないか
このような視点で、ケアマネジャーは、月に1回の訪問とモニタリング(再評価)をして、ケアプランの見直しを行い、継続的な管理をしてくれます。

5.介護支援サービスの記録
毎月の訪問記録や本人の経過記録、サービス事業者との話し合いの内容、サービス担当者会議などでの決定事項などを記録として残すことも、ケアマネジャーの大切な役割です。これらの記録については、家族などが情報公開を希望すれば、見せてもらうことができます。

ケアマネジャーは在宅介護のパートナー

在宅介護を円滑に行ううえで、非常に大きな役割を担うケアマネジャーですが、最大の役割は「要介護者やその家族と介護のプロを繋ぐ」ことだと私は考えています。

「どんなサービスがあるのかわからない」「どんなサービスが適しているのかわからない」といった初歩的な悩みから、「どうすればサービスが受けられるのかわからない」「サービスを受けるのにいくらかかるかわからない」といったサービス導入にあたっての悩み、「どうすればより良い介護が行えるかを知りたい」といった一歩進んだ疑問まで、幅広く対応してくれるケアマネジャーは、まさに在宅介護のパートナー。良いケアマネジャーを見つけることは、良い介護を行うために欠かせない条件です。

更新日:2011年05月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    41

    この記事を共有する