湿疹・皮膚炎/湿疹・皮膚炎の基礎知識

子どもの湿疹・皮膚炎~正しく知って適切に対処しよう

子どもや乳幼児・赤ちゃんの肌はとてもデリケート。少しの刺激で、湿疹やおむつかぶれなどを発症することがあります。でも、そんな時は慌てずに処置をすることが大事。今回は子どもの皮膚トラブルの原因と対処法を紹介します。

提供:田辺三菱製薬

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもの肌は発達途中にあるため、大人に比べ未熟でとてもデリケート。ちょっとした刺激でトラブルを生じやすく、赤ちゃんや幼児のうちは上手く症状を訴えることも出来ません。今回は、子どもに多い皮膚トラブルの種類と対処法、保護者が気をつける点についてご紹介します。

子どもの皮膚は、大人とどう違うの?

undefined

赤ちゃんの柔らかい肌は、とってもデリケート

理想の皮膚を「赤ちゃん肌」と呼ぶように、子どもの皮膚は憧れの対象としてイメージされることが多いようです。しかし、赤ちゃんを含め子どもの皮膚は、じつはとてもデリケート。ちょっとした環境の変化によっても刺激を受け、湿疹・皮膚炎などを生じやすいのです。
人間の皮膚は、もっとも外側にある角質層が持つ「保湿機能」と「バリア機能」によって健やかな状態を保っています。この2つの機能はおもに皮脂、天然保湿因子(natural moisturizing factor :NMF)、細胞間脂質によってコントロールされていますが、子どもの皮膚は未発達なため、これらの成分が充分に維持されていません。
生後間もない乳児は、母体から分泌されるホルモンの影響が残っているため、一時的に
皮脂の分泌が活発ですが、その後、成長するにつれ皮脂の分泌量が減っていきます。皮膚のうるおいを保つ天然保湿因子や、バリア機能を保つ細胞間脂質も少ない状態です。
そもそも子どもの皮膚は、大人の半分程度の厚みしかありません。その上、汗を分泌する汗腺の数は、大人とほぼ同じ。子どもは小さな体に大人と同じだけの汗腺が密集して、「汗かき」状態になるのです。
このように、子どもの皮膚は外界からのさまざまな刺激によりトラブルを起こしやすく、そばにいる大人が注意深く観察してあげることが大切です。


新生児~乳幼児に多い湿疹・皮膚炎

子どもの皮膚トラブルには、その成長過程においてさまざまな種類がありますが、このページでは産まれてから乳幼児期にかけてよく見られる湿疹・皮膚炎について紹介します。

・脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)
皮脂の分泌が多い頭皮や顔に出来る、カサカサした湿疹です。新生児~乳児期に多く見られ、赤みとかゆみを伴うほか、ひどくなると黄色っぽい色をした厚い鱗屑(りんせつ:かさぶたのこと)で覆われることもあります。
カサカサする程度の湿疹であれば、低刺激性の洗浄剤でていねいに汚れを落としてあげて下さい。治療はストロイド剤を使用することが多いですが、小さなお子様の場合は、受診をおすすめします。


・接触皮膚炎(おむつかぶれ)
赤ちゃん

こまめにおむつを替えて清潔に保つことが大事

尿や便に含まれるアンモニアや酵素などが原因となって起こる炎症です。おむつをつける新生児~乳児期に良く見られ、おむつの部位に一致して赤みや湿疹、ただれが生じます。
対策としては、おむつを長時間つけたままにせず、頻繁に交換して清潔を保つことが基本となります。湿疹などの炎症部位は決してこすらず、ぬるま湯に浸したコットンなどでそっと汚れを取り除きます。患部には亜鉛華単軟膏や、症状によってはステロイド外用剤を使用すると良いでしょう。

・あせも
何らかの原因によって汗腺が詰まり、汗が皮膚の中にたまることで、炎症が起こった状態を「あせも」といいます。白っぽい水ぶくれのタイプと、赤い小さな湿疹が出来るタイプがあります。
対策としては、吸湿性の高い衣類を選んでこまめに着替えをさせるほか、汗だくのときはシャワーで洗い流すと良いでしょう。赤い湿疹タイプの場合はかゆみを伴うことから、ステロイド外用剤を用いて治療します。かゆみがガマンできず掻き壊して化膿することも多いため、その場合は抗生物質の配合されたステロイド外用剤を使用すると良いでしょう。乳児は大人に比べ汗かきなので、夏以外の季節でも注意が必要です(「あせもはなぜなるの?どう対処する?」を参照)。


>>幼児~学童期に多い皮膚トラブルとは?

※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。

更新日:2014年09月11日

(公開日:2011年05月09日)

あわせて読みたい

    担当
    ガイド