婚約指輪・結婚指輪/まず読んで!婚約指輪の選び方

検証!幸せカップル ブライダルリングのダンドリ術

エンゲージリング、マリッジリングを選ぶ機会は、人生にそう多くありません。経験がない分、ダンドリもよくわからない…。そんな不安を抱える皆さんのための記事。スケジュールの組み方を間違えて、慌てることがありませんように。

執筆者:棚倉 まり

提供:プリモ・ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カップルの数だけダンドリの法則がある

座談会の席などで、婚約・結婚指輪選びの段取りについて聞いてみると、各カップルの事情は本当にさまざまです。
何週間もかけて2人でじっくり選んだカップルもいれば、男性が一人で決めたというケースもありますし、中にはすっかり女性まかせにしてしまったというカップルもいます。

女性

カップルによって事情はさまざま。だから迷っちゃうんですよね

でもそうは言っても、いざ指輪選びに取り掛かろうとしている皆さんが知りたいのは、「概ねどのくらいの時間を見積もっておけば良いの?」「皆は何軒くらい店を回るの?」などなど、いわゆる一般的な話でしょう。
今回は、皆さんの参考にしていただけそうな平均値を挙げながら、指輪選びの段取りについて考えます。

一般論だけでなく、各カップルの事情を知りたい方には、下の過去記事が参考になります。

先輩花嫁の指輪選びを参考にしたいなら、こちら
男性サイドの事情を参考にしたいなら、こちら
女性サイドの事情を参考にしたいなら、こちら

指輪を渡したい日から逆算して

まずは検討期間の話。
平均的カップルは、挙式日からさかのぼってどのくらい前から指輪選びを始めるのでしょう?(参考データ:ゼクシイ結婚トレンド調査2010首都圏)

カレンダー

指輪を手に入れるのに必要な日数は?

婚約指輪(=エンゲージリング)の場合、その答えは10.3ヶ月前です。そして、実際に指輪を決めるのが9ヵ月前。つまり検討開始から決定まで1ヶ月半弱の時間がかかっているのです。

さらに、購入する指輪を決めてから、実際に手に入るまでにもまた時間がかかることをお忘れなく。ケースに並んでいる指輪を、サイズ直しもなくそのまま持ち帰るだけなら、すぐに手に入れられますが、多くの場合そうはいきません。

サイズ直しだけでも2~3週間、セミオーダーなら3~5週間、フルオーダーならそれ以上の時間を見積もっておきましょう。

婚約指輪を渡す日からさかのぼって、「1ヶ月半+指輪の加工に必要な日数」が平均的婚約指輪選びのスタート日と心得ましょう。

<参考記事>
セミオーダー、フルオーダーについて、より詳しく知りたい方はこちらを。

男性の皆様、ご覚悟を

続いては、訪れた店舗数の平均です。答えは3店舗。
「買い物に時間がかかるのは苦手」と自覚する男性の皆さん、これを知っておけば覚悟が決まりますね。

ちなみに、1店舗当たりでかかる時間は、店のスタイルやカップルによって異なりますが、「サッと立ち寄って用が済むことはない」という点だけは理解しておいてください。
一見同じように見えても、値札に書かれた価格が大きく違うダイヤモンド。その差の理由は、ケースを眺めているだけでは知ることはできません。販売員とコンタクトする必要があるのです。
よほどの決断力の持ち主でない限り、1店舗当たり、数十分~1時間はかかると見ておいてまず間違いないでしょう。


次ページは、結婚指輪(マリッジリング)選びのダンドリについて。

更新日:2011年05月17日

あわせて読みたい