時機を延ばさず、相手の気持ちを思いやって

お悔やみの手紙の書き方と文例

お悔やみの手紙は時機を考慮し、相手の身になった表現で

お悔やみの手紙は、知らせを聞いたらあまり間をおかないように、時機や礼を失することのないように書くことも大切です。通夜や告別式に参列することができない、遠方で焼香に伺えないなどのお詫びの言葉、お悔やみの言葉とともにお香典やお供物を送るということもあります。いずれの場合も、相手の気持ちを思いやり、丁寧な言葉で綴ることがふさわしいでしょう。

お悔やみの手紙の基本構成

  1. 時候の挨拶などの全文は省き、すぐに主文・本題から入る
  2. 訃報を知った驚き、悲しみ、お悔やみの言葉
  3. 故人との思い出や、お世話になったことへの感謝の言葉など
  4. 葬儀に参列できない、焼香に伺えない場合などのお詫びの言葉
  5. お香典やお供物を送る場合は、その旨を伝えるひと言
  6. 遺族への慰め、お悔やみの言葉

多少順序は変わっても、このような中身で書かれることが多いでしょう。それから、もう一つ注意すべき点としては、あまりに直接的な表現や不幸や悲しみが繰り返すことを思わせるような「忌み言葉」なども気になるという方もあるものです。そのような言葉にも注意して、相手の身になった表現を心がけましょう。

■避けたい直接的な表現
「死ぬ」「死亡」「生きていた時」などの言葉は、「ご悲報」「お亡くなりになる」「ご逝去」「ご他界」「ご生前」「お元気なころ、お元気でいらしたころ」などの表現に言い換えます

■注意したい忌み言葉
重ねて、重ね重ね、四苦八苦など

相手が不快に感じたり、相手の悲しみを増長させるような言葉、露骨な直接的すぎる言葉などは避け、やわらかい、婉曲的な表現を用います。

次はお悔やみの手紙の基本文例を紹介します >>