バンコク/バンコクの観光

ワットポー(涅槃仏寺)/バンコク

市内の3大寺院のひとつで、バンコク最古の歴史を持つ寺院、ワットポー(涅槃仏寺)。巨大な涅槃仏が横たわっていることでも有名ですが、ワットポーの魅力はこの涅槃仏だけではありません! タイ古式マッサージの総本山としても知られており、境内にマッサージを受けることもできます。また、タイ国内でも指折りの美しく厳かな本尊の仏像も必見です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンコク観光のハイライト、ワットポー

細密な装飾が施されている仏塔も安置されていて、タイの仏教美術も堪能することができる

細密な装飾が施されている仏塔も安置されていて、タイの仏教美術も堪能することができる

バンコクの中心を悠々と流れるチャオプラヤー川の近くにあるワットポー。バンコク市内の3大寺院のひとつで、バンコク最古の歴史を持つ寺院です。全長46メートル、高さ15メートルの巨大な涅槃仏が横たわっていることでも有名。

しかし、ワットポーの魅力はこの涅槃仏だけではありません! タイ古式マッサージの総本山としても知られており、境内にマッサージ小屋を併設。実際に施術を受けることもできるのです。また、タイ国内でも指折りの美しく厳かな本尊の仏像も必見です。今回はバンコク最大敷地面積、最古の歴史を誇るワットポーの魅力をご紹介しましょう。

ワットポーへのアクセス

エメラルド寺院(ワット・プラケーオ)と王宮の北側に位置しており、BTS、地下鉄の最寄り駅はありません。タクシーで市内中心部から約20分程度です。

旅慣れている人なら、渋滞知らずの水上バスで行ってみるのもおすすめ。BTSサパーンタクシン駅の真下にある船着き場サトーン駅(Sathorn Pier)からチャオプラヤエクスプレスボートで最寄の船着き場ターチャン駅(Tha Chang Pier)まで約15分程度です。料金は1人15バーツ前後。船着き場で「ワットポー」と行き先を伝えれば、どの水上バスに乗れば良いのかスタッフが教えてくれます。ターチャン駅からワットポーまでは徒歩5分程度。

ワットポーの入場料と服装

外国人の入場料は100バーツ(約300円)。入口近くの料金所で支払います。タイの観光スポットになっている寺院では多いのですが、タイ人は入場料無料。時々、「外国人だけ入場料を払わなければならないなんて不公平だ」と言う人もいますが、入場料は寺院の修復や維持のために使われています。観光させていただくお礼として、気持ちよく支払いたいものです。

また、服装はキャミソールや、極端に短いスカートや短パン、ビーチサンダルなどかかとの隠れていないサンダルでは入場できません。肩、足の隠れる洋服を着るか、上から羽織ることのできるカーディガンなどを持っていきましょう。

仏教国タイならではの風習、タブーはこちらを参考に>>> タイと仏教、文化(風習)・マナー

更新日:2011年02月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する