久野浩司の恋愛コラム/久野 浩司の恋愛情報

結婚の焦りから解放される3つの教え!

周囲からの影響もあるにせよ、自らが生み出す「結婚に対する焦り」を感じている人は少なくないでしょう。何歳で結婚しようが、その後の結婚生活が幸せになると約束されるわけではありません。結婚しなくてはと焦る気持ちに対して自分の中にある心の本音と向き合うための3つの教えをお伝えします!

この記事の担当ガイド

わずか1か月で幸せな結婚へ導く、恋愛ライフデザイナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焦りの本音をきちんと考えてみませんか?

前回は恋愛や結婚に対してのセルフイメージを高める重要性を書かせていただきましたが、やっぱり同世代のシングルの方と話していると、「私も早く結婚したい」、人によっては「しなくてはならない」、「どうすればいいんだろう・・・」と結婚に対して焦りを持っていることを感じます。個人的な意見としては、何歳までに結婚するということ、そして、その後に幸せな結婚生活を送ることは必ずしも合致するものではないので、年齢に関わらず大切なのは、あくまでも自分にとっての「たった一人のベストパートナー」と出会うことが一番大事なことではないでしょうか。

//

今までの自分をすべて受け入れることが最初の一歩です!

とは言いながらも、当然、その「結婚しなくてならない・・・」という焦りの原因は、親や世間からのプレッシャー、友人や周囲の他人との比較からくる不安感、そして女性の場合には出産という現実に対するリミットなど、様々な要因が絡み合っていることでしょう。ここで、もう一度、「なぜ自分は結婚をしたいのだろう?」と自分が生み出す、心の中にある本音と改めて向き合ってみるいい機会かも知れません。

自らのたどってきた運命や行動を信じてあげることが大切!

「なぜ、今まで自分が結婚をしなかったのか?」最初にこの質問を自問してみましょう。人それぞれの人生や役割にはきちんとした意味があると僕は信じています。ですから、20代で結婚する人もいれば、30代で失恋して40代で最愛のパートナーと出会う人もいます。実際に自分にとっての学びとは何か?ということを、もう一度見つめ直して、自らが選択してきた行動を整理していく必要があります。それは決して結婚にだけ限定する必要ありませんので、自分が歩んできた歴史を重ねてあわせてみてはいかがでしょうか。

他者から振り回されない結婚に対する考え方を持つことで、漠然とした結婚への焦りは自然と和らいでいくと思います。まずは自分を見つめ直すための3つの教えを実践してみて下さい。

1: 今までの経験には一つも無駄がないことを知る
まず最初に大切なことは、今まであなたが経験してきたすべてのことが、「今の自分」を形成しているということを知って下さい。

もちろん恋愛だって例外ではありません。僕も10~20代とたくさんの異性と出会っいましたが、縁があって付き合うことで自分のヒストリーで特別な人となったり、デートまではできたけど付き合えなかった、大きな失恋して泣いたりしたこと、些細なことでケンカした想い出など・・・様々な経験をしましたが、今、思えばそのすべてがあって、今の結婚生活、さらには人生にも経験値としても活かされています。

ですから、今までのあなたの周りで起こった、すべての出来事も何かしらの人生におけるメッセージであると考えてみて下さい。

「私は今まで誰とも付き合ったことがない」という人であっても、それも十人十色の生き方であり、そこに優劣はありません。自分ではダメな男ばかり選んでしまうという嘆いている女性も、良く考えれば、本番の幸せな結婚生活を送るための準備の過程で、その苦い経験をしっかりと学ぶことで、旦那さんはしっかり自分を大切にしてくれる男性を選べるはずです。

>続いてさらなる解放されるために知って欲しい教えとは?
 

更新日:2011年01月17日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する