アンチエイジング/アンチエイジングなライフスタイル

若返る?アンチエイジングな恋とセックス

恋をするときれいになる、セックスで若さを保つ、などという雑誌の特集をよく目にしますが、果たして本当に恋愛やセックスにはアンチエイジング効果があるのでしょうか?ガイドが考えたアンチエイジングに効く恋愛とセックスについてご紹介します。

この記事の担当ガイド

世界のアンチエイジング情報を正確で簡潔に伝える医療美容情報の達人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我慢して自分を出せないセックスは疲れる!

4

我慢や人に言えない秘密の恋愛関係は疲れます!

「我慢してばかりの恋とセックス」の典型例が不倫。会いたいときに会えない、電話もできないなど、最初のうちは、いろいろな障害が恋愛を盛り上げてくれますが、結局のところ、我慢は長続きしないものです。

セックスに関しても相性が合わなかったり、何となく違和感を感じてしまったときに、そのことを伝えてお互いに気持ちの通じ合えるセックスにしていかなければ、あなたを美しくしてくれないでしょう。

「本当の自分を出せない恋とセックス」も、最初のうちは楽しいかもしれませんが、恋愛を長続きさせたいのなら、早めに自分をさらけ出して、それでも受け入れてもらえる相手かどうかを確かめましょう。適度な緊張感は恋愛に必要ですが、本当の自分を見せられないストレスと緊張が続くと、たぶん恋に疲れてしまうでしょう。


嫉妬は、心も体も醜くする!

5

嫉妬で怒ってばかりいるとシワが増えます!

「嫉妬ばかりしている恋とセックス」では、キレイになるどころか般若のお面のようにコワイ顔になってしまいます。

源氏物語で葵上に嫉妬して生霊になった六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)を描いた日本画家・上村松園女史の作品を見ればわかるように、嫉妬に狂った女性は、青白く、目がつり上がり、醜いシワも増えて、美貌も色香も失ってしまうのです。

さらに女性は嫉妬をすると、普通は見えるものが見えなくなってしまうということも起こることがアメリカの研究で明らかで、嫉妬は心の健康も害してしまう、百害合って一利なしの感情なのです。


リラックスできる恋とセックスが理想

6

安心してリラックスできる恋愛やセックスが一番オススメです

「リラックスできない恋とセックス」は、あなたを老けさせてしまうかもしれません! 緊張感は交感神経を高めてしまい、疲れやストレスの原因になります。好きな人といて安心できる、落ち着けることが、愛情を深める最大の条件であり、たくさんの異性がいても、なかなか出会えないかけがえのないパートナーなのです。

もともとなぜ私たちが恋をするかといえば、子孫を残すため。子供を作り育てるための最良のパートナーを探すことが目的なのです。だから一緒にいると安心して落ち着ける人であれば、子育てもうまくいくはず! そう感じると、そのパートナーに対して、「オキシトシン」という子育ての時に必要な母性本能を感じさせるホルモンが分泌するのです。このホルモンには心地いいリラックス効果があり、もちろん男性がわが子を腕に抱いている時などにも分泌されるのです。

馴れ合い、成長しないパートナーはNG

7

一緒にいて成長できない相手とは長続きしないもの

「馴れ合いになった恋とセックス」は、時間が経てばパートナーとの間の緊張感が薄れてしまうものですが、恋愛やセックスには、多少のミステリアスな部分も必要です。そこは2人の演出力で、2人の関係がマンネリ化しないように、海外旅行に出かけたり、温泉に行ったり、行ったことのないレストランで待ち合わせをしたり……など、いろいろとアイデアを絞って、楽しみましょう。

「成長しない恋とセックス」は、馴れ合いやマンネリ化の原因になります。パートナーと自分が、どんどん魅力的に成長していけば、お互いに刺激になります。セックスに関しても、2人で協力しながら、もっともっと楽しく、気持ちよくなれる方法を見つけていくことで、お互いの未知なる部分を発見でき、きっと愛情が深まるはずです。

次ページでは「キレイになる恋とセックス~実践編」を紹介します。

更新日:2011年03月03日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    7

    この記事を共有する