葬儀・葬式/葬儀の形態

故人を偲ぶ・見送る「お別れ会」

家族や親しい人など近親者のみで葬儀・火葬を行い、その後改めてホテルなどでお別れ会が開かれることがあります。お別れ会の内容について、参列する際の服装などについてお伝えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「後日お別れ会を開く予定」って?

ホテルやレストランでのお別れ会

ホテルは交通の便がよく、天候に左右されない、施設が充実しているだけでなく、バリアフリーにも対応しているところが多いので、高齢者が多く集まるお別れ会向きの施設といえるでしょう

「葬儀・告別式は近親者のみで済ませ、後日お別れ会を行う予定」

こんな新聞の訃報記事を見たことはありませんか?

お別れ会とは、家族を中心に葬儀・告別式を行い(「密葬」と表現される場合もあり)、火葬を済ませた後、改めて会社関係や友人・知人らを招いて行うお別れのスタイルをいいます。全般的に葬儀は小型化、シンプル化していますが、こういった世相を反映してか、「とりあえず葬儀はひっそりと、後にお別れの場を設けるのが自然な流れ」と考える企業・団体が増えてきました。

お別れ会が開かれる場所

お別れ会の場合、宗教儀礼が伴う場合とそうでない場合があります。どちらによるかは主催者の考え方次第なのですが、「お別れ会」「偲ぶ会」などの名称を使用する場合は、宗教色のない形式をとることが多いようです。

お別れ会が開かれる場所は、セレモニーホールのほか、近年はホテルで開催される割合も高くなっています。その理由として、儀礼的な部分よりも「おもてなし」を重要視したいと考える遺族・主催企業が増えたこともありますが、バブル崩壊以降、ホテルでは企業主催の宴会が急激に減少、加えてウエディング業界も競争が激しくなったため、着眼点を法要やお別れ会に移し、積極的にPRするホテルが増えたことがあげられます。

ホテルを利用するメリットは、ハード面の利便性が高いだけでなく、案内状や着付け、引き物、送迎などワンストップで手配・提供できる点でしょう。しかし、基本的には読経不可、焼香不可、遺骨の持ち込み不可など制約もありますし、ホテルによっては葬送儀礼に慣れていなかったり、サービススタッフの意識が「喪」から離れている場合もますので注意が必要です。ホテルと葬儀社が提携しているケースも珍しくなく、ホテルはハードだけを提供し、プロデュースや進行部分は葬儀社が請け負う形もあります。

お別れ会の進行

お別れ会は、セレモニー型とパーティー型、ミックス型に分類できます。

セレモニー型は、葬儀会館や寺院、自宅で行われる告別式に近い形で進行されるものです。通常、正面中央には生花で彩られた大型祭壇が飾られ、オープニング時は故人の経歴や功績などが紹介されます。途中、映像や音楽を流すなどの演出が盛り込まれ、「お別れの言葉」などの紹介が行われた後、ひとりずつ献花をして退場します。

パーティー型は、献花が行われた後、会食会場へ移動して立食、個々の都合に応じて自由解散というスタイルになります。

ミックス型は、セレモニーとパーティー両方行うスタイル。いずれのタイプでも、最近のお別れ会では、会場の一角に故人の写真や遺品を展示するコーナーが設置されることが多いようです。

次は、お別れ会についてよくある疑問にお答えします >>

更新日:2010年11月26日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    22

    この記事を共有する