サンフランシスコ/サンフランシスコ基本情報

羽田~サンフランシスコ路線定期便就航

2010年10月より羽田⇔サンフランシスコ線の運行が始まりました。今までの成田線とは違い、羽田を夜中に出発し、サンフランシスコに夕方到着します。地方からの乗り継ぎも、都内からのアクセスも良いので、みんなに便利になりました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽田路線就航でサンフランシスコも近くなる!

羽田サンフランシスコ便就航

羽田サンフランシスコ便就航

2010年10月31日より羽田空港の国際線枠が拡大され、日本航空がサンフランシスコへ直行便の運行を開始しました。これに伴い、日本航空成田発の便は運行停止。今後、日本航空サンフランシスコ行きの便は羽田空港より出発することになります。

2010年11月現在のサンフランシスコ行きの便ですが、ユナイテッド航空が成田から2本、関西空港から1本、デルタ航空が成田から1本、全日空が成田から1本、日本航空が羽田から1本の合計1日6本。アメリカ西海岸からアメリカの地方へ乗り継ぐ人の玄関口にもなっています。

日本航空(JAL)のスケジュール

羽田発サンフランシスコ行きの出発時間は、深夜0時5分。到着が、同じ日の16時20分(サマータイム時16時5分)。サンフランシスコからの出発時間は夕方18時5分(サマータイム時17時50分)発。羽田到着が次の日の22時35分です。

詳細は「日本航空のサイト」をご覧ください。

羽田空港利用の便利な点

羽田到着は夜中。次の日からスムーズに仕事ができちゃう!

羽田到着は夜中。次の日からスムーズに仕事ができちゃう!

成田空港発サンフランシスコ行きの出発時間は午後比較的遅い時間。地方からの旅行者の場合、午前中に家を出て、羽田まで飛行機で行き、そこからさらにバスか電車で成田に移動してから出発……と、1日のほとんどが移動時間になり国際線に乗る前に疲れてしまうことも……。

それが羽田空港を利用すると、羽田・成田間の移動がまず、必要なくなります。さらに言うと、出発時間が遅いので、地元で午前中いっぱい仕事をしてもその日の国際線に乗ることができるのです。もちろん、都心に住んでいる人は仕事を1日終えてから出発もできます。

さて、帰りのサンフランシスコからの便ですが、夕方発、日本到着が夜の22時半。到着後、家に帰ったり、ホテルに泊まったりして、そのまま寝てしまえば、時差ぼけあまりもなく、次の日の朝からしっかり活動することができます。

 

羽田発着便の運賃について

羽田⇔サンフランシスコ線の料金は、いままでの日本航空の成田発着の便とそんなに変わりはありません。他のユナイテッド航空やデルタ航空に比べると若干高めですが、成田空港へ行く時間と往復の料金(リムジンバスで往復6000円)を考えれば、1万円前後の差なら、羽田発の方がオトクかもしれません。

更新日:2010年11月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する