住宅設計・間取り/住宅設計・間取りのテクニック

家族が仲良く暮らせる家の間取りとは?

長く暮らしたいと思える家というのは、そこに住む人が仲良く暮らせる家ではないでしょうか。今回は、家族が仲良く暮らせる家にするには、どんな間取りがいいのか、考えていきたいと思います。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔をあわせやすい間取りにしよう

家族が仲良く暮らせる家にするには、(1)顔をあわせやすいプランであること、(2)コミュニケーションがとりやすいこと、この2点が必要だと思います。

同じ家に住む家族として互いに気遣いながら仲良く暮らすには、それぞれの様子をさりげなく把握し、会話のきっかけが自然と生み出される工夫が必要になります。そのためには、まず、できるだけ顔をあわせやすいプランであることが大切だと思います。

個室への行き来にリビングを通る間取り

子どものいる家庭で採用されることの多い「リビング階段」は、その名の通りリビング内に階段を設けるプランのこと。家族が顔をあわせやすい間取りとしておすすめです。住宅メーカーの「子育てしやすい」とか、「20代、30代向け」といったキャッチフレーズのついた住宅商品のほとんどがリビング階段のプランを用意しています。

親子

子どもが小さいうちは親子の触れ合いを重視したいものです

リビング階段なら、学校から帰ってきたときも、外出するときも、個室への行き来の際に必ずリビングを通ることになるので、それとなく親は子どもの様子を察知できます。実際に子どもが「ただいま」と言うときの表情を見て、「元気がないな」とか、「機嫌がよさそう」などと、お母さんがわかることはありそうです。子どもの小さな変化に気が付けば、深刻な事態になる前に対処ができる可能性がありますね。

2ボウルの洗面室で滞在時間を増やす

もうひとつおすすめなのは、洗面室を2ボウルにすることです。家族の多い人なら経験があると思いますが、朝は狭い洗面室に家族が集中します。ボウルが複数あれば、便利なうえに、短時間であっても並んで歯磨きをすることで、毎朝、子どもの様子を把握できるのではないでしょうか。

顔をあわせる機会を増やす間取りを採用したら、さらにコミュニケーションをとりやすい工夫をすることが必要だと思います。それは、どんなことなのか、次ページで見ていきましょう。

更新日:2010年11月15日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する