Windowsの使い方/Windowsの設定・管理

Windowsの不要なプログラムの削除方法

Windowsを使っていて、長い間使わないプログラムやバージョンが古くなったプログラムはディスクの無駄であるだけでなく、システムのパフォーマンスを低下させます。不要になったプログラムはこまめに削除しましょう。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い間使わないプログラムやバージョンが古くなったプログラムはディスクの無駄であるだけでなく、システムのパフォーマンスを低下させます。

定期的に点検して、不要なプログラムは削除しましょう。しかし、通常のデータファイルのようにいきなり削除するのは考えものです。多くのプログラムは、インストーラ(インストール用のプラグラム)でプログラムの設定情報やアンインストール情報をレジストリという特別なファイルに書き込みます。

プログラムファイルのみを削除すると、レジストリにプログラムの情報が残ってしまいトラブルの原因になります。プログラムの削除は正しい手順で行うことが重要です。

なお、オンラインで配布されているプログラムのなかには、レジストリを変更しないものもあります。この場合は、インストール先フォルダにあるREADME.TXTにアンインストールの方法が記載されていることがあります。

また、専用のアンインストーラが付属しているプログラムもありますので、削除する前にプログラムフォルダを確認してください。

Windows の[プログラムと機能]で削除

専用のアンインストーラが付属していないプログラムは、Windows の[プログラムと機能]で削除します(Windows XPでは[プログラムの追加と削除])。

まず、コントロール パネルの[プログラムのアンインストール]をクリックします。
 

undefined

 

[プログラムのアンインストール]をクリックすると、以下のダイアログボックスが表示されますので、削除したいプログラムを選択してから[アンインストール]をクリックします。

undefined

 

[アンインストール]をクリックすると、アンインストールウィザードが起動しますので、画面の指示に従ってください。

アンインストール専用ソフトの使用

上記の方法を使っても、ファイルが残ることがあります。その場合は、レジストリを分析して確実にアンインストールしてくれる専用ソフトの使用も有効です。ここでは、評価の高い「Revo Uninstaller」をご紹介します。このソフトはWindows 2000、Windows XP、Windows Vistaに対応しています。

Revo Uninstallerが起動すると、パソコンにインストールされているプログラムを検索し、プログラムアイコンを表示します。アンインストールしたいプログラムを選択し、[アンインストール]ボタンをクリックします。

undefined

 

[アンインストール]ボタンとクリックすると、アンインストールモードを選択できる画面が表示されます。標準モードが既定として設定されています。このモードは、レジストリを分析してプログラムの設定情報やアンインストール情報を削除してくれます。通常はこのモードを選択してください。

undefined

 

アンインストールが始まると、以下の画面が表示されます。アンインストールは4段階に分けて行われます。

undefined

 

最初の段階で、システムの復元ポイントが作成されますので、万一アンインストールが失敗した場合でも、元の状態にすぐに戻りますので安心です。

【関連記事】
不要なファイルの削除方法

更新日:2009年06月11日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する