台北/台北旅行のモデルプラン

羽田~台北・松山線で行く台湾日帰り弾丸ツアー

日帰りで台湾旅行、そんなのムリ!と思っていませんか?羽田発朝7時の便に乗れば、日帰り台北旅行も夢ではありません。故宮博物院に行き、小籠包を食べ、足つぼマッサージも体験して帰国という日帰り弾丸ツアーをガイドが実際に体験しました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽田—台北・松山線で日帰り台湾旅行!

allabout taiwan photo by sayuli hoya

士林夜市は夜だけではありません。土曜日15時でこの賑わい!

日帰りで台湾旅行、そんなのムリ!と思っていませんか? 2010年10月に就航した羽田発朝7時の便に乗れば、日帰り台北旅行も夢ではありません。故宮博物院に行き、小籠包を食べ、足つぼマッサージも体験して帰国という日帰り弾丸ツアー! ガイドが実際に体験してきたコースを詳しくご紹介していきます。

パッと行ってシュッと帰国。満足度120%のプラン攻略とは?

日帰り台北弾丸ツアーを成功させるためのポイントは3つ。1つめは便の選択です。羽田発松山空港行きの中で朝一便のチャイナエアライン7時発に乗り、同社台北・松山空港発18時15分の最終便で帰ってくれば、台北に滞在できる時間はなんと7時間以上あるんです。

そして2つ目のポイントは、機内の座席は前方をリクエストすること。座席が前方のほうが早くイミグレーションを抜けられます。

3つ目のポイントは、往路は荷物を預けないこと。いくら入国審査を早く済ませても、荷物が出てくるのを待っていてはかなり時間のロスに。荷物を3辺の和が115cm以内でかつ23cm×36cm ×56cm以内、重さ7キロ以内におさめ機内に持ち込むようにしましょう。

その他、フライトに関する詳しい情報は>>>チャイナエアライン公式サイト

7:00 羽田7時発 チャイナエアライン223便で台北松山空港へ

allabout taiwan photo by sayuli hoya

朝粥は日本人にとって嬉しいメニュー

朝出発の飛行機なので朝食は機内で。この日の機内食はオムレツなどの洋食か、または鮭や昆布の朝粥から選ぶことができました。

台北松山空港の免税店は規模が小さいので、化粧品やブランド品などの免税品販売は行きの機内誌でチェック。チャイナエアラインではインターネットによる機内免税品事前予約ができて、さらに価格が10%オフに! お得に買い物ができてラクなのが嬉しいですね。機内販売はカード決済も可能です。

飛行機が台北松山空港に到着する時、左側の窓からは圓山大飯店が、右側からは台北101が見えます。

 

9:45 台北松山空港到着

allabout taiwan photo by sayuli hoya

到着ロビー手前にある銀行で両替を

同じ時刻に到着便が重なっていないため、税関の流れはスムーズ。この日は9時53分に飛行機を降りて、10時20分には到着ロビーを通過できました。預け手荷物がなければ、降機してから30分後には観光開始できます。両替は空港内の銀行で済ませましょう。

 

更新日:2010年11月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    9

    この記事を共有する