湿疹・皮膚炎/虫さされの基礎知識と対処

症例図鑑「虫さされ」

虫さされは多くの人が経験する皮膚トラブルです。身近な虫が原因となるだけに完全な予防は難しく、嫌なかゆみを引き起こすだけでなく、ときにはかき壊してジュクジュクしてしまい、なかなか治らない状態に陥ってしまうこともあります。今回は、よくある虫さされの種類と、刺されたときの治療法について解説します。

提供:田辺三菱製薬

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
虫さされは多くの人が経験する皮膚トラブルです。
身近な虫が原因となるだけに完全な予防は難しく、嫌なかゆみを引き起こすだけでなく、ときにはかき壊してジュクジュクしてしまい、なかなか治らない状態に陥ってしまうこともあります。
今回は、よくある虫さされの種類と、刺されたときの治療法について解説します。


誰もが経験する「虫さされ」

ブユによる虫さされ

ブユによる虫さされ


「虫さされ」と聞くだけでかゆみや発疹を思い浮かべ、不快な気分になる人は多いでしょう。虫に刺されると、写真のように刺された部位とその周辺に赤い発疹、かゆみ、腫れなどの症状があらわれ、痛みを伴うこともあります。

チャドクガ(毛虫)による虫さされ

チャドクガ(毛虫)による虫さされ

虫に刺されてこのような症状が起きるのは、それぞれの虫が持つ毒や、虫の唾液に含まれる成分が皮膚に注入されてアレルギー反応を起こすためです。

 
こうしたアレルギー反応には、刺されてすぐに起こる「即時型反応」と、1~2日後に起こる「遅延型反応」があります。
発疹やかゆみなどの症状も、年齢や体質、刺された部位や過去に刺された回数によって、そのあらわれ方には個人差があります。

ちなみに、虫さされのなかでも最も多いのは、「蚊」によるものです。
多くの場合、数十分から数時間で治癒します。
痛みはがまんできても、かゆみはがまんできません。
敏感な部位などが刺されると、無意識にかき続けてしまいかき壊してしまうことがあります。
かき壊してジュクジュクしてしまうと、なかなか治らない状態に陥ってしまいます。

原因となる虫と、その症状を知ろう

虫さされはとても身近な皮膚トラブルです。家の中や庭、公園、野山などあらゆる場所に虫は生息しています。ところがやっかいなことに、実際に虫が皮膚を刺しているところを目撃することはめったにありません。そのため、刺されたことに気づいても、どんな虫に刺されたのか分からないことが多いのです。

ひとくちに虫さされと言っても、症状によって使用するお薬が違ったり、医療機関の受診が必要となる場合もあります。原因となった虫を知ることは、適切な対応や治療を行うのに役立ちます。
ここでは、日常生活の中で刺されやすい虫と、その症状について紹介します。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します



>>「刺された!」そんなときの対応と治療法は?


※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。

更新日:2012年04月20日

(公開日:2010年07月16日)

あわせて読みたい

    担当
    ガイド