社会人の大学・大学院/社会人の大学・大学院基本知識

医学部編入に向いている人の条件

医師に向いている人はどんな人なのでしょうか?医学部受験対策講座などを展開する河合塾KALSによれば、経歴(文系か理系か、医学と関連ある職歴についているかどうか、など)は関係ないそうです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロに聞く!社会人の医学部編入試験への挑戦

image
医師不足解消の鍵は社会人かも…!
医師を目指す社会人が注目しているのが医学部学士編入試験。

医学部学士編入とは、「大学卒業(見込)者がそれまで大学や社会で学んだ知識・経験を活かし、希望する大学医学部の2~3年次に編入学する制度」で、英語、小論文、生命科学(自然科学)など、一般入試に比べ、試験科目が少ないのが特徴(河合塾KALSホームページより)です。

そこで今回は、大学生・社会人を対象に医学部学士編入をはじめ、様々な進学・就職対策を手がける河合塾KALSにて、医学部編入講座(生命科学)を担当し、問題集医学部編入への生命科学演習などの著書がある井出冬章先生に、社会人の医学部学士編入について、お話をうかがいました。


・医学部学士編入において、求められる知識のレベルは?→次のページへ

更新日:2009年04月06日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    7

    この記事を共有する