中高年層よ、大学に来たれ!

image
中高齢者をターゲットにした大学・大学院が増えてきている
中高年層に照準を絞り、受験要件の一つとして年齢制限(例:60歳以上)を設け、これらの人たちに便宜を図る制度(入試・学費減免・長期履修制度等)を創設する大学・大学院がわずかずつですが増えているのをご存知ですか?

広島大学は、全国の大学に先駆けて50歳、60歳以上を対象としたフェニックス入試を2001年から導入。

修業年限を学生が選べる長期履修制度や、学力試験を課さない入学選考(小論文・面接等)が特徴で、毎年10名前後がこの制度を利用して入学しており、卒業後は大学院に進む人もいるそうです。

【平成20年度 広島大学フェニックス入学(中高年者対象)説明会】
2008年6月29日(日)14:00-16:00(事前申込み不要)



東京経済大学大学院は、シニア大学院生制度を2007年からスタート。団塊世代など経験豊かな年配者を積極的に受け入れようというもので、52歳以上という年齢制限が設けられています。申し出により修業年限は延長が可能で、入学選考では筆記試験の代わりに研究計画書(出願書類)と出願後に課す課題レポート、口述試験で行われます。

他にも学費を減免したり(静岡英和学院大学、新潟産業大学等)、シニア奨学金を設けたり(関西国際大学、神戸山手大学等)、高齢であればあるほど得をする、年齢×\10,000を学費から差し引いてくれる学校(大阪商業大学)などがあります。


国立大学でキャンパスライフを


短期間集中で国立大学で学ぶ方法もあります。これはJTBが全国各地の国立大学と提携しているシニアカレッジ。「国立大学でキャンパスライフを」をキャッチフレーズに、50歳以上のシニアを対象に組まれた生涯学習プログラム。期間は1~2週間程度で、各地域に密着した内容の講義が含まれ、一人で参加するシニア層が多いそう。

【参考】
・シニア向け国立大学講座


学びに年齢は関係ありません。豊かな人生経験を経てからの学びは、10代の頃のものとはまた違った出会いや発見をもたらしてくれるに違いありません。興味を持ったらまずは一度、キャンパスを訪れてみてはいかがでしょうか?

・シニア向け入試制度、学費軽減制度のある大学・大学院を探すなら!


【関連記事】
・2007夏、シニア向け国立大学講座