リフォーム費用/リフォーム費用関連情報

新築と中古住宅リフォーム どっちが得!?

新築の家を建てるよりリフォームがお得と言われることが多くなりましたが、それぞれのメリットとデメリットを正しく理解して計画を立てましょう。今回は新築とリフォームのポイントをご紹介します。

この記事の担当ガイド

親しみやすく、わかりやすく!がモットーのリフォーム現場のプロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Q:
中古住宅リフォーム
中古住宅をリフォームすることで、新築よりも費用的には安い買い物ができますが、そのメリット・デメリットをしっかりと把握しておきましょう。

住宅の取得を検討中です。最近リフォーム雑誌などで中古住宅を買ってリフォームすることを勧める記事を読みました。実際のところ、新築するのと中古住宅を購入してリフォームするのとでは、どっちが得なのでしょうか?

A:
費用面だけで見れば、新築よりも中古住宅リフォームの方が安く上がることが多いのですが、「どっちが得か?」と決め付けて検討するのは早合点です。新築ならではのメリットや、リフォームで出来ること、さらに自分や家族の住まいとして重要視する部分などをしっかり把握した上で、「新築」「中古住宅リフォーム」を並行的に検討するようにしましょう。

「中古住宅を買ってリフォーム」は人気急上昇!

マイホーム探しに「中古物件」を積極的に探している方が、ここ最近急増中です。立地条件や敷地面積(物件面積)、間取りなどが新築物件と比較して割安になるというのが、その大きな理由の一つなのですが、テレビや雑誌などでもリフォーム前後の劇的な変化を紹介する特集などが人気で、ますます「中古物件を購入してリフォームする」ということに抵抗感は少なくなってきています。

しかし気を付けておきたいことがあります。それは「リフォームは完全無欠ではない」ということ。住まい手の要望や建物の状況によっては、リフォームしてもメリットが薄かったり、新築と同じ程度、あるいはそれよりも高額の費用が掛かってしまったりすることがあるのです。今回は新築とリフォームのメリット、デメリット、そして費用や施工上のポイントをご説明いたします。

新築・中古リフォームのメリットデメリットを知っておこう!

ではまず、「新築」と「中古住宅リフォーム」のメリット、デメリットを見てみましょう。
新築とリフォームのメリット・デメリット
新築とリフォーム、それぞれ特徴があります。その利点、欠点を理解しないまま、イメージ先行で中古住宅を慌てて購入すると、後々困ることも……。

中古住宅を中心に物件探しをする人の多くは、「駅から徒歩○分」とか、「駐車場が2~3台確保できる敷地」といった具合に、交通アクセスの利便性と物件面積を両立したまま、新築価格では手の届きにくいようなお手頃価格のものを見つけようとする傾向があります。しかも実際に建物が存在している中古物件なら、自分や家族が暮らしているイメージを描きやすく、近隣や周囲の状況、景観なども把握しやすいというのも魅力です。

特に、現在住んでいる建物の建て替えを検討しているのであれば、大掛かりな間取りの変更や、建物の構造変更(例えば木造からコンクリート造への変更など)がない限り、廃材・解体費用や仮住まい費用などを考慮して、まずは全面リフォームを検討すべきだと思います。

次のページでは、新築と中古リフォームを比較検討する際の物件探しのコツ、予算設定のポイントについてご紹介いたします。

更新日:2011年06月07日

(公開日:2006年09月21日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する