薬/抗生物質

抗生物質の副作用・注意点

抗生物質はそれぞれの病気に応じて処方されます。飲み方はもちろん、飲み合わせやアルコールの禁止など、一般的に気をつける必要がある注意事項をご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗生物質の飲み方の注意

決められた時間を守って、処方された日数分は必ず飲みましょう

決められた時間を守り、処方された日数分を必ず飲みきることが大切

抗生物質は菌を殺すことが目的なので、必ず決められた時間、回数を守って服用することが大切。ウイルスの薬も同様。治った感じがしても菌が完全になくなるか、菌の作用が弱まる日数を考えて処方されているので、処方日数中は必ず服用しなければ、正しい効果を得ることができません。

また、抗生物質も他の薬同様、食後服用になっていることが多いですが、「時間がなくて食事ができないから、食事ができるまで飲まない」という考えは誤り。抗生物質の場合、食後と指定しているのは飲む回数と間隔を決める目的であることが多く、薬の刺激から胃を守るのが目的ではないことがほとんど。処方時、薬剤師に食後にこだわらなくてもよいかを確認の上、食事が取れなくても時間になったら服用するようにしてください。

抗生物質を決められた間隔で処方日数分服用しないと、菌を殺すために十分な薬剤成分でなくなり、治癒が遅くなることも。それだけではなく、抗生物質が効かない「耐性菌」が生まれてしまうことがあるので、十分注意が必要です。抗ウイルス薬や抗真菌薬なども含め、抗生物質は必ず決められた回数、間隔で飲むようにしてください。

抗生物質の副作用

抗生物質を過剰に怖がることはありませんが、抗生物質の副作用として体の状態を保っている常在菌のバランスを崩してしまうことが挙げられます。

下痢
腸内細菌のバランスが崩れるた場合に起こる

カンジダ
抗生物質で体内にいる常在菌を一緒に殺してしまうことで、その常在菌の働きで抑えていたカビが繁殖して起こる

また、抗生物質が効かない「耐性菌」が発生して感染症が悪化することもあるので、抗生物質を自己判断でダラダラと飲み続けるのは避けましょう。

抗生物質の種類によって特徴的な副作用が出ることがあります。

■耳鳴り

耳鳴りの副作用は、放っておくと難聴になることもあるので、すぐに服用を中止しましょう。なお、耳鳴りは、キーンという高音だけでなく、ジー、ザー、シャーッといった比較的低音のものもありますので、注意が必要(前者は、内耳や聴覚中枢。後者は、中耳・外耳の障害や難聴で起こります)。

けいれん
全身性のけいれんや、手足など体の一部分のけいれんが起きる

光毒性
日に当たるとやけどのようになる

歯の着色
歯がグレーっぽい色になる

横紋筋融解症
コレステロールの薬でも有名な副作用で、茶褐色の尿が出たり、特に思い当たることがないのに、筋肉の痛みなどを感じたりする。症状が出た場合は、医師に服用の相談と血液検査をしてもらうようにしてください。

また、抗生物質に限らず全ての薬に言えることですが、服用後に湿疹が出たり、息苦しさを感じたりと、異変を感じた場合は服薬を続けず、すぐに医師・薬剤師に相談することが大切です。

■アナフィラキシーショック
湿疹や皮膚が赤く腫れてきたり、気分が悪く息苦しくなってくるのは、アナフィラキシーショックという極めて重篤な副作用の前兆。直ぐに医療機関を受診するか、救急車を呼ぶようにしてください。


抗生物質と他の薬・食品・アルコールの食べ合わせ

抗生物質と他の薬を一緒に飲むと、抗生物質の効き目が強くなったり弱くなったりする他、同時に服用した薬の効き目が変わってしまうこともあります。それにより副作用が強く出たり、薬が効かなくなるなどの作用を起こすことがあるので、他に薬を服用している場合は必ず薬剤師に伝えるようにしましょう。

また、抗生物質の中には牛乳などカルシウムが多く含まれる食品と一緒に服用すると効果が落ちるものもあります。食事の代わりに簡単な乳製品を摂るのを避けた方がよい場合もあるので、薬剤師に確認してください。

もちろん、アルコールと一緒に服用するのは厳禁。アルコールには、血管拡張の作用がありますので、感染症の悪化が懸念されます。飲み会がある場合は乾杯だけなどアルコールを控えるようにしましょう。

更新日:2009年12月22日

(公開日:2009年12月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    51

    この記事を共有する