薬/ピル(OC)・経口避妊薬

月経痛の薬・ピル・経口避妊薬

不快な痛みを和らげてくれる月経痛(生理痛)のお薬。また、気になっていても、まだ十分には知らないピルに関してまとめています。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月経痛の薬

月経痛(生理痛)の薬で、OTC医薬品(一般医薬品)として薬局で手に入るものは、基本的に頭痛や歯痛にも効果のある痛み止めです。

月経痛の薬 ピル(経口避妊薬)

よく使われる痛み止めも正しく使ってくださいね
痛み止めの薬の使用に重要なポイントは、「痛くなりそうな時に飲む」ことです。

痛み止めの薬は、痛みを感じる成分が作られるのを抑えるので、成分が作られてから飲んでもあまり効果がみられないことがあります。
なお、「月経痛がいつもより酷くなった」「いつもより違う痛みがする」と感じたら、すぐに受診してくださいね。

(参考)
つらい生理痛……痛み止め薬は体に悪い?

生理痛の痛み止めの選び方

生理痛の場合、大人(15歳以上)では、イブプロフェンが入っている薬を選ぶと良いと思います。(イブプロフェンは、他の市販の成分と比べて薬が子宮に移行しやいため)

※小児(15歳未満)には、医療機関の処方薬と異なり市販のイブプロフェンが含まれる薬は、使用が認められておりませんので、15歳未満の方は、アセトアミノフェンが含まれる薬が良いでしょう。

また、生理の時に、むくみや、ボーっとした感じがつらい場合は、尿を出す作用(利尿作用)や眠気を抑える作用のあるカフェイン入りの痛み止めがお勧めです。

なお、胃が弱い方は、カフェインが含まれていないもので、アセトアミノフェンが主成分または、制酸剤と呼ばれる胃酸を中和する成分(酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイト)が含まれるものを選ぶと良いでしょう。

その他、緊張からくる頭痛や肩の貼りなどの痛みに、興奮を抑える催眠鎮静成分(ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素)が入っている薬もあります。

主な市販の痛み止め

■ エスエス製薬
イブ  :イブプロフェン
イブA  :イブプロフェン+カフェイン+催眠鎮静成分
イブクイック頭痛薬:イブプロフェン+カフェイン+催眠鎮静成分+制酸剤

■ ライオン
エキセドリンA/カプセル:アセトアミノフェン+アスピリン+カフェイン
バファリンA:アスピリン
バファリンエル:アセトアミノフェン+エテンザミド+カフェイン+催眠鎮痛成分
バファリンプラス:アセトアミノフェン+アスピリン+カフェイン+催眠鎮痛成分
小児用バファリン:アセトアミノフェン

■ 内外薬品
ケロリン:アスピリン+カフェイン
ケロリンIBカプレット:イブプロフェン+カフェイン+催眠鎮痛成分
ケロリンチュアブル:アスピリン+アミノ酢酸

■ 第一三共ヘルスケア
サリドンA:エテンザミド+イソプロピルアンチピリン+カフェイン
サリドンエース:エテンザミド+アセトアミノフェン+カフェイン+催眠鎮痛成分

■ 武田薬品
タイレノールFD/FD小児用/細粒:アセトアミノフェン

■ 大正製薬
ナロンエース:イブプロフェン+エテンザミド+カフェイン+催眠鎮痛成分
ナロン錠/顆粒:アセトアミノフェン+エテンザミド+カフェイン+催眠鎮痛成分

■ アラクス
ノーシン:アセトアミノフェン+エテンザミド+カフェイン
ノーシンピュア:イブプロフェン+カフェイン+催眠鎮痛成分
ノーシンホワイト錠/細粒:アセトアミノフェン+エテンザミド+カフェイン
ノーシンホワイトジュニア:アセトアミノフェン

(参考)
実は成分が違う!生理痛の市販薬・痛み止め


ピル(経口避妊薬)

ピルは、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲスノーゲン)の薬で、世界で1億人以上の人に飲まれている一般的な薬です。作用を簡単に説明すると、体内の女性ホルモンの濃度を上げて妊娠しているような状態を作り出しますので、排卵が抑制され、避妊となります(女性ホルモン量は妊娠時の20分の1以下の血中濃度といわれています。その他にも、着床を抑制したり、子宮内に精子が流入するのを防いだりという作用があり、それによっても避妊効果があるようです。)
また、排卵をしないので、卵巣がんの発症が抑制されたり、排卵して起こる月経のように子宮内膜が厚くならないため、子宮内膜症などの治療などにも使われます。

なお、ピルの処方には受診が必要で、自費になります。ここで、作用を簡単にご紹介しますが、服用や使用法については、医師にご相談ください。

■避妊以外の効果
副効用(避妊以外の効果)を目的としてピルを服用している方もいます。副効用の例は次のようなものがあるといわれています。
  • 月経に伴うトラブルの改善:月経痛や月経量の軽減、月経不順や貧血の改善など
  • ホルモンバランスの変化による効果:にきびの改善、多毛症の改善など
  • 排卵を抑制することによる効果:卵巣のう腫や子宮外妊娠の減少など
  • 長期服用による効果:良性の乳房疾患の減少、子宮体がんのリスク低下など
なお、これらの効果は必ず全ての人に見られるわけではありません。医師と相談の上、服用をするかどうかの選択をしてください。

飲み方(飲み忘れの対処)や、価格、検査など詳しくはこちらをご覧ください。
ピルの入手方法と費用
飲み忘れの対応
ピルの種類と注意(副作用など)

更新日:2009年04月16日

(公開日:2009年03月24日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する