胃がん/胃がんの原因・症状・進行

胃がんの初期症状・がんの進行

かつては、日本人のがん死因の一位であった胃がん。最近は、ライフスタイルの変化や検査法や治療法の進化によって完治が目指せるがんになってきました。早期発見のための基本情報もまとめました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みぞおちの不快感や痛みに注意

みぞおちの不快感や痛みに注意
空腹時や食後などに、みぞおちの不快感や痛みがあるというのは、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍でも見られる症状ではあります。しかし、胃がんの初期症状も同じなので要注意です。
以前は、日本人のがん死因第一位を占めていた胃がん。がん検診や胃カメラによる検査の普及により、早期発見できれば十分完治が目指せるがんになってきました。

胃がんの初期症状として気をつけて頂きたいことは、以下の2つです。

1)みぞおちの不快感や痛み
胃もたれ、むかつき、膨満感といったみぞおちの不快感、そして、しくしく、きりきり、ずーんといった痛みが長引く場合には、要注意です。
もちろん、これらの症状は、胃酸過多による胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍でも見られる症状で、市販の胃薬でも改善するケースも少なくありません。
しかし、薬を飲まないと必ず痛む、食欲不振が長く続く、症状が以前より悪化している、といった時には、是非、内科の先生にご相談下さい。

2)タール便
トイレでタールのような真っ黒な便が出たときには、自覚症状が全くない時でも、必ず、内科の先生に速やかにご相談下さい。
もちろん、食物(イカスミなど)や薬(鉄剤)などの影響で黒い便がでることはありますが、黒い便が続くような時には、放置は禁物です。
この黒い色のもとは、血液のヘモグロビン中に含まれる鉄分が酸化したものです。主には、胃や十二指腸といった上部消化管の出血によって見られる症状です。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの可能性もありますが、胃がんも念頭に置かなくてはなりません。

胃がんが進行すると……

胃がんが進行すると
胃がんが進行したときには、局所の進展による症状と、遠隔転移による症状が見られるようになってきます。
胃がんの進行に伴って見られる症状には、局所の進展によるものと、他の臓器への転移によるものに分けることができます。

1)局所の進展による症状
胃がんができる部位によっても異なりますが、噴門部や幽門部といった胃の入り口や出口付近にできた胃がんは、進行によって狭窄・閉塞症状を来します。つまり、召し上がった食べ物が通過せずに、嘔吐してしまいます。この嘔吐は、二日酔や乗り物酔いの時とは異なり、吐き気は特段ないのに、ある時、急にどっと嘔吐してしまうということが特徴です。
また、胃がんの進行によって、出血量が増加することで、貧血が急速に進行したり、場合によっては血圧の低下などを招いたりすることもあります。
さらに、胃がんが胃の壁を食い破ってしまった場合、膵臓や胆嚢などの周辺の臓器に浸潤したり、腹膜全体に広がってしまう(播種)こともあります。痛みとともに、腹膜播種の場合には、便秘や下痢などの便通異常も出てきます。

2)他臓器への転移による症状
胃がんも、他のがん同様、血流の多い肝臓、肺、脳、骨への転移が見られますが、胃からの血液の流れを考えると肝臓への転移が多いです。肝臓への転移が大きくなったり、その場所が肝臓からの消化液である胆汁の流れを滞留させるような部位であれば、胆汁が血液内に逆流し黄疸(皮膚や白目の部分が黄色くなる)が見られるようになります。


また、がんに共通のことですが、特に要因なく体重が減少したり、帯状疱疹(ヘルペス)を発症する場合には、何らかの悪性疾患の存在も疑われますので、万一、このような兆候が出た場合には医療機関を受診するようにしてください。

治癒率をあげるためには、早期発見・早期治療が大切です。早期発見のためには、初期症状に注意すると共に、やはり、年に1回の定期的な健康診断を受けられることをおすすめします。

予防法、治療法については、「胃がんの治療法・予防法」に詳しくまとめています。

その他、胃がんに関連して、以下の記事もご覧下さい。

更新日:2009年05月19日

(公開日:2009年03月18日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する