不眠・睡眠障害/いびき

いびきの原因

いびきをかくメカニズムや男女のいびきの違いについてご紹介します。さらに、病気が原因でおこる怖いいびきの違いについてもお読み下さい。

この記事の担当ガイド

日本を睡眠先進国にするため、正しい快眠習慣の普及に努める専門医

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いびきの原因

目覚めているときの呼吸の音は、近くにいる人でもほとんど聞き取れません。それが、眠ると電車のガード下なみの大いびきをかく人がいるのは、なぜでしょうか?

通常、鼻や口から吸い込まれた空気は、スムーズに肺まで達します。ところが、この空気の通り道(気道)が狭くなっていると、乱気流が起こって音が出ます。リコーダーが鳴るのと同じような理論です。

また、空気が上顎の奥の方(軟口蓋)やのどちんこ(口蓋垂)を振動させて、音を出すこともあります。唇を震わせて吹くトランペットと、同じメカニズムです。さらにこれらの音が、のどや鼻で共鳴して大きないびきとなるのです。

気道が狭くなる原因には、次のようなものが挙げられます。

  • 舌が大きい
  • 下顎が小さい
  • 首が太くて短い
  • 口蓋扁桃(いわゆる扁桃腺)や咽頭扁桃(アデノイド)が大きい
  • 口蓋垂(のどちんこ)が長い
  • 鼻が詰まっている
  • 口呼吸をしている
  • 口の周りの筋肉(口輪筋)が弱い

年齢・体型・性別との関係

他にも、いびきをかきやすくなる要因が、いくつかあります。

子どもがいびきをかいている場合には、鼻の病気で鼻が詰まって口呼吸になっているか、アデノイドが大きくて、のどで気道が狭くなっていることがよくあります。高齢者になると、舌やのどの筋肉が弱くなるので、仰向けに寝ていると舌がのどに落ち込んで、気道が狭くなります。

肥満も、いびきの危険因子です。日本人はもともと、口やのどの体積が小さいので、少し太っただけでものどに脂肪がついてしまい、気道が狭くなりやすいのです。

「いびきは男性のもの」という印象がありますが、女性でも悩んでいる人が結構います。エスエス製薬が男女あわせて約3,000人に行ったアンケート調査では、いびきをかく人は男性の41.5%、女性の15.1%という結果でした。いびきをかく女性は、顎が小さいことが多いようです。

いびきをかきやすい状況

普段はいびきをかかないのに、特別なときだけいびきをかくことがあります。

肉体的あるいは精神的な疲れが溜まってくると、それを回復しようとして深い睡眠が多くなります。舌やのどの筋肉は、深い睡眠のときに最も緊張がなくなるので、舌がのどに落ち込んで気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。

お酒を飲んだときにだけ、いびきが出る人もいます。二日酔いの日には顔がむくみやすいように、アルコールは体に水分を貯める働きがあります。酔って眠っているうちに、のどもむくんできて気道が狭くなるため、いびきをかいてしまうのです。

また、旅行や出張でホテルに泊まったときだけ、いびきを指摘される人もいます。ホテルの部屋は湿度が低く、鼻やのどが乾燥しやすくなっています。鼻が乾くと鼻呼吸がしにくくなり、口を開けての口呼吸となります。口を閉めていた間は上顎と下顎に挟まれていた舌が、口を開けることでのどに落ち込みやすくなって、いびきをかいてしまいます。

ただのいびきと怖いいびき

周りの迷惑は別にして、本人がグッスリ眠れて、翌日も支障なく過ごせるようないびきを、「単純いびき症」あるいは「原発性いびき」といいます。枕の高さや寝る向きを変えたり、市販の簡単なグッズを使ったりするだけで、いびきが軽くなることがよくあります。

大いびきの後、呼吸がしばらく止まる。心配して見ていると、再びいびきが始まる…。このようなことが毎晩、何回も繰り返されるようなときは、要注意です。「睡眠時無呼吸症候群」という病気の可能性がありますから、早めに医療機関を受診したほうがよいでしょう。

いつもはいびきをかかないのに、急にいびきをかき始めたときにも、大きな病気が隠れていることがあります。脳血管障害などで意識障害を起こすと、舌がのどに落ち込んでいびきをかくことがあります。目覚めているときに発作が起きれば分かりやすいのですが、眠っているときに脳卒中などが起きても気付きにくいものです。ベッドパートナーの急ないびきに気づいたときには、体を軽くつねるなどして、痛み刺激で起こしてみましょう。

更新日:2009年03月31日

(公開日:2008年12月09日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する