湿疹・皮膚炎/お役立ち情報

皮膚トラブル・疾患の最新事情

湿疹・皮膚炎は、適切な治療を行えば症状は改善されるものの、ステロイド外用剤に対する誤解や間違った使用方法によって、充分な治療効果が得られないケースも多いとか。今回は、帝京大学医学部付皮膚科で主任教授を務められる渡辺 晋一先生に、診療現場での具体的なお話を交えながら、湿疹・皮膚炎をはじめとする皮膚疾患の診療について最新のお話を伺いました。

提供:田辺三菱製薬

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皮膚疾患の中でも多いとされる湿疹・皮膚炎。適切な治療を行えば症状は改善されるものの、ステロイド外用剤に対する誤解や間違った使用方法によって、充分な治療効果が得られないケースも多いとか。今回は、帝京大学医学部付皮膚科で主任教授を務められる渡辺 晋一先生と対談を実施。診療現場での具体的なお話を交えながら、湿疹・皮膚炎をはじめとする皮膚疾患の診療について最新のお話を伺いました。

診療現場で遭遇する皮膚トラブルにはどんなものが?

門田:まず、渡辺先生のご専門についてお聞かせ下さい。

渡辺 晋一(わたなべしんいち):帝京大学医学部皮膚科主任教授、同大学医真菌研究センター教授。1952年生まれ。東京大学医学部卒業。専門はレーザー治療、皮膚真菌症。

渡辺 晋一
(わたなべしんいち)
帝京大学医学部皮膚科主任教授、同大学医真菌研究センター教授。1952年生まれ。東京大学医学部卒業。専門はレーザー治療、皮膚真菌症。

渡辺:当院(帝京大学医学部付属病院)はあらゆる皮膚疾患に幅広く対応していますが、私自身は水虫などの皮膚真菌症、そしてシミやあざに対するレーザー治療などを専門としています。その関係で、ここ数年はJICAからの依頼を受け、医学教育プロジェクトの一環としてタイの首都バンコクでレーザー治療など美容皮膚科の講義も行っています。

門田:来院される患者さんには、どのような方が多いですか?

渡辺:当院皮膚科では一般外来の他に、レーザー治療などを行う特殊外来を設けています。そのため、美容目的で来院される方が多いですね。ほかには、大学病院ですので皮膚疾患でも重症の方、また自己判断で誤った薬選びをした結果、悪化させてしまったり、なかなか治らない方などが来院されます。

門田:悪化させてしまったり、なかなか治らない方とは具体的にはどのような状況ですか?

渡辺:例を挙げると、とびひと湿疹をとり違えて症状がひどくなったケースなどです。とびひと湿疹では治療法が異なりますよね。とびひなら抗生剤、湿疹にはステロイド外用剤を用いるのが原則です。ところが、とびひを湿疹と思い込んでしまって、とびひにステロイド外用剤を用い、その結果、症状がひどくなったり、「なかなか治らない」と言って当院を受診される患者さんがいらっしゃいます。

門田:誤った判断のせいで、ステロイド外用剤が不適切に使用されるケースもあるということですね。

渡辺:そうです。私の専門である水虫を例にとっても、水虫には抗真菌剤を使用するのが基本ですが、湿疹と勘違いしてステロイド外用剤を用い、症状を悪化させてしまうケースがよく見受けられます。さらに問題なのは、患者さんがそれを「ステロイド外用剤のせいで症状がひどくなった」と誤解してしまう点です。

門田:なるほど。不適切な使用が原因で、ステロイド外用剤への誤解を招いてしまうのですね。薬局では、湿疹・皮膚炎にステロイド外用剤を用いることを敬遠される方もいらっしゃいますが、大学病院ではどのような状況でしょうか。

医師が語る「ステロイド外用剤とはこんな薬」

ステロイドは正しく使えば良い薬なのに、誤解が多くもったいないですね。

ステロイドは正しく使えば良い薬なのに、誤解が多くもったいないですね。

渡辺:患者さんの中には、頑としてステロイド外用剤を用いた治療を拒絶される方がいらっしゃいます。患者さんにはステロイド外用剤を使用する目的や使用方法、メリット・デメリットなど詳しく説明をしますが、それでも使いたくないという患者さんはいらっしゃいますね。

門田:ステロイド外用剤を拒絶される患者さんは、何かしらの不安や疑問があるのだと思われます。そういった患者さんは、ステロイド外用剤についてどんな質問をされますか?

渡辺:多いのは、「ステロイド外用剤を使うと皮膚が黒くなるのですか?」という質問ですね。これは誤解です。色が黒くなるというのは色素沈着のことですが、これはステロイド外用剤によるものではなく、湿疹・皮膚炎を掻き壊した結果、生じるものなのです。

門田:そのような誤解に対してはどう対応されているのですか?

渡辺:湿疹・皮膚炎で皮膚が黒くなるのを防ぐためには、ステロイド外用剤を使用する必要があるということを説明します。湿疹・皮膚炎に伴うかゆみには、初期の段階でステロイド外用剤を使わないとかゆみが治まらずに掻き壊し、炎症がひどくなって色素沈着が生じます。私たち医師はこうした説明を行いますが、最終的に判断を下すのは患者さんですから、ぜひステロイド外用剤については正しい理解をして頂きたいものです。

門田:上手に使えば症状が良くなる薬を使用しないというのはもったいないですね。

渡辺:ステロイド自体は、皮膚科だけでなく内科でも使用されています。たとえば膠原病という疾患群がありますが、治療には副腎皮質ステロイドホルモン剤を内服するのが原則です。喘息でもステロイドを吸入します。ところがいざ皮膚科でステロイド外用剤となると、副作用を心配して使用を敬遠される患者さんが多いという状況なのです。

門田:患者さんの側ではいまだに誤解があるようですが、皮膚科診療の世界において、ステロイド外用剤とはどのような位置づけなのでしょうか?

渡辺:ステロイド外用剤というのは「古くて、かつもっとも新しい」薬です。どういうことかと言いますと、ステロイド外用剤は昔からずっと長い間治療に用いられて来て、その有効性と安全性は実証済みです。そしていまなお治療の最前線で使われている。そういう意味で、世界のゴールドスタンダードと評しても過言ではない薬なのです。

>>医師がアドバイス、ステロイド外用剤の賢い使い方とは?


※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。

更新日:2012年04月20日

(公開日:2010年03月18日)

担当
ガイド