ED・勃起不全/ED・勃起不全の症状と原因

精力剤でもダメ…とあきらめる前に

「勃起を手助けする」という同じ目的を持ちながら、精力剤とED治療薬とではどう違うのでしょうか。今回は、性欲との関係を頭に置いて、ED治療薬の特徴を考えてみましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ED(勃起障害・勃起不全)治療薬は精力剤なの?と聞かれることがよくあります。もともと「心身を活動させる力」を表す「精力」は「精力絶倫」という言葉のように、しばしば性的なニュアンスを伴って使われます。そのような目的に特化した精力剤はED治療薬が登場するまで、EDに悩む男性を励ましてきました。

「用いることで勃起を手助けする」という同じ目的を持ちながら、ED治療薬と精力剤とはどう違うのでしょうか。今回は、性欲との関係を頭に置いて、ED治療薬の特徴を考えてみましょう。

ED治療薬は精力剤ではありません


偽物は危険
精力剤が心身の活力(精力)を高めることに狙いを定めているのに対し、ED治療薬は陰茎海綿体に直接作用して勃起を促します
精力剤というとマムシやスッポン、オットセイといった動物系、あるいは朝鮮人参、ニンニクなどの植物系を原料とするドリンク類や錠剤を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。それらには昔から、性生活における満足度を高める効果が期待されてきました。

ところで、一口に精力剤といっても、その主成分や効能により「強精剤」「強壮剤」「勃起薬」などに分けることができます。中には、多少の勃起改善効果が認められるものもあるようですが、客観的な判定は難しいようです。

精力剤と呼ばれるものの多くはEDや早漏、遅漏、性欲減退など、性生活全般に関わる男性の性機能改善を目指し、心身の活力(精力)を高めることに狙いを定めています。

これに対し、ED治療薬は陰茎海綿体に直接作用して勃起を促します。精力剤の全身的な「元気づけ」に対し、ED治療薬は局所的に働き、健康な人と同じ勃起を促すサポートをする効果があるといえます。ですから、ED治療薬を飲んでも性的刺激がなければ勃起は起こりません。ED治療薬は勃起障害を改善する薬であり「心身を活動させる」という意味での精力剤ではないのです。

また、ED治療薬は、多くの臨床試験により、科学的に効果と安全性が証明され、厚生労働省に審査・承認されている、医師の処方せんが必要な医療用医薬品です。効果が科学的に証明されていない可能性が高い、精力剤とは、効果・安全性の信頼度が異なるのです。

ED治療薬には性欲・精力が必要?


EDで悩む人の多くは「性欲があるのに勃たない」ことに苛立ち、自信をなくします。男性の性欲は、特に勃起することが必須である、性交したいという欲なのです。

「心身を活動させる力」である精力は、その性欲を実行する力ともいえるでしょう。車に例えれば、精力はエンジンで性欲がガソリンにあたります。どのような高性能エンジンもガソリンが無ければ動きません。

性欲は強いのにEDという方は意外に多く、これはいいガソリンが入っているのにオイルが無くてエンジンが回らない車のような状態とも言えます。ED治療薬はエンジンを正常に動かすオイルのようなものです。ED治療薬が効果を発揮するためには、性欲を実行する精力がなくてはなりませんが、まずは性欲が必要なのです。

※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。

更新日:2009年07月22日

あわせて読みたい