湿疹・皮膚炎/症状および対処法

そのカサカサ、脂漏性皮膚炎かも?

頭のフケは多くの人が体験する皮膚のトラブルのひとつ。ですが、頭皮だけでなく、同時に顔や体にも湿疹・皮膚炎などの皮膚トラブルを生じている場合、もしかしたら脂漏性皮膚炎かもしれません。今回は、単なるフケと間違えやすい脂漏性皮膚炎の症状や原因について解説するとともに、適切な治療・スキンケアの方法をお伝えします。

提供:田辺三菱製薬

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近フケが目立つ…そんな症状に悩まされていませんか?頭のフケは多くの人が体験する皮膚のトラブルのひとつ。ですが頭皮だけでなく、同時に顔や体にも湿疹・皮膚炎などの皮膚トラブルを生じている場合、もしかしたら脂漏性皮膚炎かもしれません。今回は、単なるフケと間違えやすい脂漏性皮膚炎の症状や原因について解説するとともに、適切な治療・スキンケアの方法をお伝えします。

カビが原因?脂漏性皮膚炎の正体とは

私たちの皮膚には、肉眼では見えない菌がたくさん住みついているのをご存知ですか? これを「常在菌」と言います。菌というと「汚い」などのイメージがあるかもしれませんが、通常、皮膚に悪さをすることはありません。バランスのとれた状態で存在していれば、むしろ病原菌の侵入を防ぐなど皮膚の健康を保つ役目を果たしています。

皮膚を腸に置きかえて考えてみましょう。腸内にはたくさんの菌が住みついており、そのバランスによって腸内環境が左右されています。菌のバランスが良ければ腸の健康は保たれますが、善玉菌が減少し、悪玉菌が増えると、私たちの体に悪い影響を及ぼすようになります。これと同じことが皮膚にも言えるのです。

皮膚の常在菌も、通常の状態であれば皮膚トラブルを引き起こすことはありません。ところが睡眠不足やストレス、食生活やホルモンバランスの乱れなどにより皮脂が過剰に分泌されると、異常に増殖することがあるのです。

増殖した菌は、皮脂中のトリグリセリド(中性脂肪の一種で皮脂の主成分)を分解し、その過程で遊離脂肪酸を産生します。そのため、菌が増殖すると遊離脂肪酸も過剰に産生され、それが皮膚に刺激を与えて皮膚トラブルを起こしてしまうのです。これが、「脂漏性皮膚炎」の正体です。

皮膚に住みついている常在菌にはさまざまな種類のものがあります。アクネ菌やブドウ球菌といった常在菌は、ご存知の方も多いでしょう。なかでも、皮膚の中でも皮脂を分泌する皮脂腺と呼ばれる部位には、マラセチアと呼ばれる菌が住みついており、脂漏性皮膚炎を引き起こす原因としてその関与が疑われています。

脂漏性皮膚炎の症状

フケの症状によく似ているため、受け流してしまわないように注意が必要です

フケの症状によく似ているため、受け流してしまわないように注意が必要です

脂漏性皮膚炎になると、頭皮から髪の生え際にかけてフケを生じ、赤っぽい斑点が広がるほか、鼻の脇が赤くなって皮膚がポロポロとむけたりします。ほかにも耳のうしろ、ワキの下や太もものつけ根といった、汗やまさつの多い部位に湿疹・皮膚炎の症状が現れるようになります。かゆみを感じる場合もあります。

脂漏性皮膚炎では増殖した菌によって遊離脂肪酸が過剰に産生され、皮膚に刺激を与えて炎症を引き起こしますが、同時に表皮のターンオーバーが早まるようになります。そのため皮膚がはがれ、フケの症状となって現れるのです。フケを気にして医療機関を受診する人で、脂漏性皮膚炎と診断される人は多いとされています。「いくら洗ってもフケが多く出る」という人は、脂漏性皮膚炎を発症しているかもしれません。

年代で見ると乳児期に多く見られるほか、思春期以降の成人でも発症しやすいとされています。乳児期では生後2~4週頃から髪の生えている部位やまゆ毛、おでこに黄色いかさぶたのようなものが現れ、皮膚が赤くなってポロポロとはがれますが、多くは生後8~12ヵ月で治るとされています。成人の場合はフケの症状が出るのが特徴で、慢性化しやすく、治っても再発することが多いとされています。

これらの症状はアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬と似ている場合もあります。ですが、脂漏性皮膚炎では基本的に左右対称に症状が生じること、前述したように汗やまさつの多い部位に症状が出る点が特徴とされています。


>>脂漏性皮膚炎になったら、どうすればいい?

※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。

更新日:2013年03月01日

(公開日:2010年02月25日)

担当
ガイド