依存症/薬物依存症

薬物依存症の特徴・原因・症状

特定の薬物に対する依存が強固になった結果、その薬物の使用を自分でコントロールできなくなってしまう薬物依存症。薬物依存を止められなくなってしまう原因と、病気の特徴、症状を詳しく解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬物依存症とは

薬物依存症とは原因薬物に対する依存が強固になった結果、その薬物に対するコントロールをなくしてしまった状態です

麻薬などの特定の薬物だけではありません。アルコールやニコチンへの依存も薬物依存症の一種

薬物依存症と聞くと、法律で禁じられている麻薬や、過剰な睡眠薬などへの依存状態を指すと思っている人が多いようです。正確には、日常的な息抜きに用いられるニコチン、アルコール、カフェインなどへの過剰な依存も薬物依存症として扱われます。

薬物依存症の内容や深刻さは個々のケースで差異が大きいもの。例えば、どうしても禁煙できないニコチン依存と、法律で禁止されている薬物である覚せい剤依存とを同列に扱うのは、感覚的にも違和感があると思います。それでも薬物依存症には、どの原因物質にも共通する特徴、原因、症状のパターンがあります。ここでは広義での薬物依存症の特徴、原因、症状について詳しく解説します。
 

薬物依存症の特徴

「薬物依存症」と診断されるほど薬物依存が進むと、原因薬物を前にした時に自分の意思で使用をコントロールすることができなくなります。依存症の原因薬物が手許にない場合は、薬物のことが意識の中心を占めるようになり、それを求めるために多くの時間や労力を費やし、薬物中心の暮らしを送るようになってしまいます。一旦、薬物依存が強固になってしまうと、依存状態から自力で脱出することは大変困難です。

もっとも、薬物依存症はその原因薬物を試した人のすべてがなるとは限りません。例えば広義での薬物依存の一種であるアルコールの場合、毎晩グラス1杯のワインで満足するもいれば、飲み始めると必ず記憶がなくなるまで飲んでしまう人もいます。前者からは後者のタイプはあまり理解できず、「意思が弱いから酒に溺れている」「だらしがない」といったネガティブな印象を持ってしまいがち。しかし、原因薬物(この場合アルコール)に対するコントロールが効かなくなることは、決して意思の弱さや性格の問題とは限らず、次に述べるような複数の要因が相互作用した結果の病気と考えられます。

薬物依存症の原因

薬物依存症になるほど依存が強固になってしまう要因の一つは、脳の神経科学的機能の変化。薬物依存症は心や性格というより、脳の病気と見ることができます。

報酬や快感を得ると、脳内の神経伝達物質であるドーパミンなどが活性化しますが、薬物依存症になるとドーパミンなどが関連する脳内部位に何らかの病的変化が生じてしまうようです。実際にPETなどの画像検査で病的変化がはっきりと認められる場合もあります。

こうした脳内の病的変化は、薬物依存の場合は中枢神経系に作用する薬物が原因で起こりますが、薬物以外のギャンブル、ショッピング、セックスなどの行為でも生じると言われてます(これらは薬物依存症とは別に「ギャンブル依存症」「買い物依存症」などと呼ばれます)。脳の病的変化のせいで、原因薬物や行為への依存がさらに深刻になってしまうことも指摘されています。

一言で薬物依存症といっても、麻薬のように依存性の極めて高いものから、アルコールのように人によって依存度に差が出るものまでさまざま。薬物依存症の原因薬物が脳内にどう影響するかは、以下のような要因が相互作用して起こります。

  • 本人の遺伝情報(脳内の神経伝達物質の受容体の化学構造など)
  • 気持ちの慢性的落ち込み
  • 不安定な人間関係などの心的要因
  • 生活環境
  • 日常のストレス
上記のようなさまざまな要因が相互作用し、薬物への依存が進行した結果、治療が必要な薬物依存症に至るのです。

心身の発育段階である10代の少年が、始めは遊びのつもりで気軽に飲酒していたところ、本人の体質的要因や不安定な生活環境、慢性的な気分の落ち込みなどが相互作用し、冴えない気分を癒す手段として飲酒量をエスカレートさせ、成人してからアルコール依存になってしまうケースも少なくありません。
 

薬物依存症の症状

薬物依存症の症状は、精神依存と身体依存の2つに分けられます。

■精神依存的な症状
心理的に原因薬物を激しく渇望する状態。原因薬物が手許にない場合、その薬物に関する思考が意識の中心を占め始めます。重度になるとその薬物に関する思考(使用時の快感度への思い)などによって、日常的に意識が乗っ取られたような状態になります。

■身体依存的な症状
身体依存とは、その原因薬物のために生じる体内の生理機能の変化のこと。耐性の形成と退薬症状の2つが起こります。「耐性の形成」とは、以前より多く摂取しないと、以前と同じ効果が得られなくなること。アルコールに強くなったと喜ぶ人もいるようですが、今までと同じ量では酔えなくなったということでもあるので、アルコールへの耐性が形成されていると考えられます。アルコールへ身体依存が生じている一つの証拠と考えることもできるのです。

「退薬症状」とは、その薬物の摂取を中断したときに出現する以下のような不快な症状のこと。原因薬物によって症状の出方に差異があります。

  • 気分の不快感
  • 不眠
  • 発汗、動悸など自律神経系の亢進(こうしん)症状
  • 手の震え
  • 頭痛、腹痛
  • 痙攣
  • 強いイライラ感

こうした耐性の形成や退薬症状の内容、深刻度は、原因薬物の種類、摂取期間、摂取量、個人の要因によって差異がありますが、耐性の形成、退薬症状の2つはともに原因薬物の摂取をエスカレートさせる原因にもなります。耐性が形成されると、今までどおりの効果を得ようとより多く摂取するようになり、摂取量の増加によって出現する不快な退薬症状を抑えるために、再び原因薬物を摂取するという悪循環から抜けられなくなるからです。
 

薬物依存症と他の心の病気との関連

薬物依存症は他の心の病気を合併しやすいという問題もあります。薬物依存症の約半数が、反社会性パーソナリティ障害、うつ病など何らかの心の病気を合併しています。もともと他の心の病気があり、不安定な心を癒す手段として薬物を求めてしまうことも多い一方、薬物依存症自体が合併する心の病気を深刻化させやすい面もあり、悪い方向への相乗作用が起きやすいのも問題。気持ちが病的に落ち込むと死にたい気持ちが生じやすくなりますが、うつ病と自殺問題同様、薬物依存でも自殺リスクは高まります。

以上のように、原因薬物への依存が強固な薬物依存症では、自力でその状態から抜け出すことは非常に困難。依存症から回復するためには適切な治療を受けることが不可欠になります。

更新日:2010年02月23日

(公開日:2010年01月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する