ぎっくり腰/ぎっくり腰の原因・しくみ

ぎっくり腰の原因・症状・治療法

突然、腰に痛みが走り、そのまま動くことが困難になることもある「ぎっくり腰」。日常生活や仕事にも支障をきたすことがあります。ぎっくり腰(急性腰痛)の原因・症状・治療法についてお話しましょう!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぎっくり腰(急性腰痛)の原因・症状・治療法

「ぎっくり腰には絶対になりたくない!」という声が上がるほど恐れる人も多い腰痛症です

「ぎっくり腰には絶対になりたくない!」という声が上がるほど恐れる人も多い腰痛症です

腰痛は、急に腰が痛くなってしまうぎっくり腰(急性腰痛)と、長い間、腰に不快感と痛みを及ぼす慢性腰痛とがあります。

ぎっくり腰は、若い人にも多く、日常生活や仕事にまで支障をきたすことがあります。また、慢性的に腰へ負担をかけるような生活を送っていない人でも、ぎっくり腰に見舞われることもあり、驚く声もよく聞かれます。

予期せぬ腰痛なだけに、ぎっくり腰経験のある人の中には、恐怖心を抱いてしまい、治っても、体を動かすことを制限して過ごしてしまうケースもあるようです。


ぎっくり腰の原因は?

毎日繰り返される姿勢的な負荷が、ぎっくり腰の要因になることもあります

毎日繰り返される姿勢的な負荷が、ぎっくり腰の要因になることもあります

ぎっくり腰は、突然、腰を襲う激しい痛みです。ぎっくり腰は「急性腰痛症」の代表的な呼び名ですが、急な腰痛を起こす原因の中には、内臓の病気や脊椎の病気などもあります。

朝の洗顔で、腰をかがめた時や、重い物を持ち上げようとした時など、ぎっくり腰になる瞬間が、はっきりしている人もいますが、中にはきっかけがよくわからない、という人もいます。

例えば、目覚めたら腰がものすごく痛み、起き上がるのも困難。思い返してみると、「昨日、引っ越しの手伝いをして箱をいくつか移動させたから? それとも、久しぶりに長距離を歩いたせい!?」というものです。

しかし、ふとした動作に伴う時やくしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下している時に、ギクっと痛めてしまう話しはともて多いです。この時、腰を支える筋肉の働きが低下しています。腰部を支える筋肉、関節、椎間板などを痛め、ほとんど身体を動かすことができないほどのぎっくり腰を経験する人も少なくありません。


ぎっくり腰の症状は?

簡単な日常動作すら痛みのためにできず、腰の大切さを痛感した、という声も上がっています

簡単な日常動作すら痛みのためにできず、腰の大切さを痛感した、という声も上がっています

ぎっくり腰の痛みの程度や症状の進み具合は、人それぞれなのですが、共通点は、動作に伴い痛みが出ることです。痛みが強いうちは、トイレにいくにもひと苦労……という人もいます。それでは、よく見られる症状を症状を挙げてみましょう。

  • 動作の瞬間に腰に激痛が走り、動くことが困難になってしまう。ちょっとの動きでも表情が歪んでしまう人も……
  • 最初は違和感程度で、さほど気にならなかったのに、時間の経過と共に腰痛となり悪化していく
  • 上半身を起こすことができない。いったん、布団に横になると、起き上がるまでに四苦八苦。時間がかかってしまう
  • おじぎをすることも、体を反らすこともできず、ぎくしゃくした動作になってしまう
  • 歩行が困難である
  • くしゃみ、咳で痛みが強まる。一回のくしゃみで悪化してしまうケースも
  • 寝返りが痛くて、寝る姿勢を変えることが困難である
  • 骨盤に近い部分やウエストライン辺りの腰部が痛んだりする
  • 起き上がった状態よりも、横になって膝を曲げているほうが楽である

医療機関を早目に受診するべきケースも

腰をギクっと痛めた際に、下肢にも痛みやしびれなどの症状が出ることがあります。また、痛みが和らぐ姿勢が見つからず、じっとしていても痛みを感じているといった場合、そして、発熱、発汗(冷汗)がある場合などは、早めに整形外科やかかりつけ医を受診しましょう。何かの病変に関連した腰痛かもしれません。

筋・骨格系に関わる痛みであれば、2~3日もすると自然と症状が和らぎ、動くことが出来るようになります。ただし、無理をしなかった場合です。ぎっくり腰になってしまったら、2日間くらいは、なるべく安静にして過ごしましょう。寝る姿勢は、横向きで膝の間に枕をはさんだり、仰向けで膝を立てたり、といった自分の楽な体勢になり体を休めます。


患部を冷やすと痛みが和らぐ

腰痛用のベルト・サポーターを着けることで痛みが和らぎ動くことができるケースもあります

腰痛用のベルト・サポーターを着けることで痛みが和らぎ動くことができるケースもあります

ぎっくり腰になった後2~3日は、組織の炎症がみられる可能性もあるため、痛めた部位は温めない方が無難です。温めたことで、痛みが強まったという話もよく聞きます。1日数回、10分間アイスパックなどで冷やして対処します。どうしても動かなくてはならない場合は、腰痛ベルトやさらしを巻いて、腰部を安定させると、楽になる場合があります。

少し動くことが出来るようになったら、急性腰痛症を扱っている鍼灸、カイロプラクティックなどの代替医療を受診すると、回復が早まる可能性があります。その後は、日常生活にストレッチや体操などを取り入れて、筋肉のコンディションを保ちましょう。

この記事を読んで良かったですか?

良かった

147

更新日:2015年04月07日

(公開日:2009年04月01日)

あわせて読みたい