婦人病・女性の病気/おりもの異常

正常なおりもの、異常なおりもの

婦人科に来られる患者さんの訴えで、月経関連症状に次いで多いのが「おりもの異常」。まずは正常なおりものの役割と、異常なおりものとの区別の仕方についてご説明します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おりものの役割

おりものは多少あるのが普通。気にしすぎるのは逆効果なこともあるのです

おりものは多少あるのが普通。気にしすぎるのは逆効果なこともあるのです

おりものは膣や子宮の出口で作られる分泌物が混ざったもの。膣内に潤いを保ち、雑菌の侵入や増殖を防ぐ働きを持っています。口の中の唾液や目にとっての涙と同じようなものです。

おりものの中にはデーテルライン桿菌(かんきん)という「善玉菌」がいて、大腸菌やカンジダ真菌などの雑菌が増えないように働いています。この善玉菌が少なくなったりいなくなったりすると、膣内の抵抗力が落ちて感染を起こしやすくなってしまいます。

よく抗生物質を飲むとカンジダ膣炎になる人がいますが、これは抗生物質によって一時的に善玉菌まで除菌されてしまうため。カンジダはカビの一種で抗生物質が効かないため、善玉菌によるバリアがなくなると増えやすくなるのです。

また、おりものを気にしすぎるあまり、トイレに行くたびにビデで洗ってしまう人もいるようですが、これは善玉菌まで洗い流してしまうので逆に感染を起こしやすくしてしまいます。ビデを使うのは月経の時期だけにして、過度に洗いすぎないよう注意が必要です。

正常時のおりもの

婦人科を受診する患者さんで、月経不順や不正出血に並んで多いのが「おりもの異常」。しかし、おりものの不安を訴える患者さんでも実際に拝見すると本当に異常なおりものが出ている方はそれほど多くなく、気にしすぎなことがほとんどです。

正常なおりものは、半透明~白っぽい色で卵白のように少し粘り気があります。乾くと少しポソポソしたクリーム色の状態になることがありますが、これは異常ではありません。月経直後は臭いが強めのこともありますが、それ以外の時期はあまり臭いがないのが普通。おりものシートをつけっぱなしたり、タンポンを入れっぱなしたりすると雑菌が増えるため臭いが強くなることがあります。

おりもの量の変化は異常ではない

おりものはホルモンの影響を受けて状態や量が変わり、排卵期や月経直前はおりものが増える傾向にあります。おりものの量も汗と同じように個人差があるので、ちょっと多めだなと思っても多少下着につく程度の量はあまり気にする必要はありません。

たまに「おりものの量が多く、常におりものシートをつけていないと落ち着かない」という人がいますが、他の病気への感染がないと確認できればおりものの量を無理に減らす治療をする必要はありません。ただ、おりものシートを常用していることで雑菌が増え、それによっておりもの量が増えるという悪循環に陥っている可能性があるので、シートをつけっぱなしにするのはやめましょう。

排卵期や月経前の一時的な増加以外では、感染があったときや膣内に異物があったときにおりもの量が増えます。おりものが急に増え、生理周期に関係なく量が減らないといった異変があった場合、一度きちんと検査を受けた方がいいでしょう。「おりものが増えていない=病気ではない」とは言い切れないので、おりものの量だけで異常の有無を判断することはできないのです。

異常なおりものは臭いや色もチェック

上記の正常時のおりものと違い、血液が混じったピンクや茶色のおりものや、明らかに普段と違う黄緑色のおりものが出た場合は、性行為感染症を始め、子宮頸がんなどの大きな病気が潜んでいる可能性もあります。また、かゆみが強かったり、臭いがいつもと違う場合も、注意が必要。「おりもの異常と検査・考えられる病気」の項目も確認の上、一度婦人科を受診するようにしましょう。

更新日:2014年10月22日

(公開日:2009年12月14日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    152

    この記事を共有する