癌(がん)/がんの手術治療

手術の後、お風呂に入れるのはいつから?

手術の後、しばらくは、お風呂に入ることができません。でも、日本人にとって、肩までお風呂につかることは、予想以上に大切なことで、1日も早く入りたいものです。外科医の考える入浴許可の条件とは?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャワーを浴びられるようになるタイミング

シャワーのタイミング
数日間は、清拭で過ごしていると、やっぱり、もう少しさっぱりしたくなります
手術後の経過が順調だと、数日後には、シャワーの許可がでることがあります。

シャワーを浴びられるようになるためには、全身状態がおおむね良好で、発熱がなく、創部の治りも順調で、点滴の針が体から完全になくなっていることが基本的な条件になります。

創部については、抜糸していなくても、最近は防水のテープなどがありますので、これらを利用して創部をできるだけ濡らさないようにすれば大丈夫です。

もちろん、長引いている場合や患者さんの状態によっては、いろいろな工夫をしてシャワーを浴びていただくこともあります。また、どうしても難しい場合には、体は清拭を行い、頭は、洗髪台を使って看護師さんに洗ってもらうことが多いです。

いずれにしても、シャワーを浴びると、患者さんの表情が一変し、すっきりされるのが印象的です。


待ちに待った入浴許可

入浴許可
手術後の入浴許可は、医師にとっても患者さんにとってもうれしいものです
湯冷めという言葉がありますが、お風呂に入ったあと、体調がおかしくなることは、日常生活でもよく経験します。

また、体調が悪い時には、入浴時に気分が悪くなるときもあります。

そういった意味では、手術後の入浴許可の大前提は、手術後の経過が良く、血液検査やレントゲンの結果に問題がない、そして、発熱もないということが大前提になります。

そして、もう一つは、創の治り具合。シャワーであれば、抜糸前でも、防水テープを使って行いますが、入浴については、やはり、抜糸が済み、上からテープを貼らなくても、問題ないというところまで、創部がきれいに治っていることが大切です。時に、創部に感染を起こして創部の治癒が長引くことがありますが、このような時には、やはり、入浴許可を出すタイミングは遅くなってしまいます。

以上の二つの条件が満たせるようになれば、医師は、入浴の許可を出します。

その夜、患者さんのもとを訪問すると、肩までお風呂につかって本当に気持ちよかったという話題で、患者さんと盛り上がることも少なくありません。

外科医にとって、入浴許可が出せると言うことは、それだけ患者さんの状態、術後の経過が良いということです。外科医にとっても、患者さんにとっても、手術後の入浴は、思い入れの深い出来事になります。


【関連リンク】
主治医の先生にお風呂のことも聞いてみたい!そんなときには、このコツを活用してください。
 ⇒忙しそうな主治医に話を聞くコツ(All About がん・がん予防)

がんの治療は、一足飛びに考えると少し息切れがしそうになるものです。
 ⇒目標は2段階! がんとの上手なつきあい方(All About がん・がん予防)


「がん・がん予防」メルマガでは、最新記事のお知らせを始め、フレッシュな情報をお届けします。登録はこちらから。


更新日:2007年09月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する