ノロウイルス・ロタウイルス/ノロウイルス・ロタウイルスの予防法・治療法

ノロウイルスの治療と予防

今年、猛威を振るっているノロウイルス。残念ながらノロウイルスをなくす薬はありません。今回は、症状を緩和するための対処療法についてご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノロウイルスについて

吐き気、下痢など酷い場合は、すぐに医療機関に!
Q:最近、テレビなどで特集されているノロウイルスについて教えてください。どんな治療法があるのですか?

A:はい。お答えします。残念ながら、ノロウイルスに効果のある薬剤は現在ありません。激しい嘔吐を抑えたり、脱水症状を緩和するために点滴をするような治療になります。

今年は、ノロウイルスが猛威を振るっていますね。原因は、いろいろあるようですが、ウイルスの変異にも起因しているようです。


ノロウイルス感染の症状について

「胃腸にくる風邪」として表現されることもあります。ノロウイルスに感染するとだいたい24時間~48時間ぐらいで発症します。それほど熱は出ませんが、吐き気や嘔吐、腹痛、下痢などの症状があり、これらの強い症状が1~2日ほど出て、徐々に回復してきます。人によっては、感染しても症状の出ないことや軽い症状の場合があります。

ただ、症状が強い場合や、小児や高齢者など体力が弱い方の場合は、脱水症状になったり、さらに体力を消耗して大変危険ですので酷い場合は病院にかかるようにしましょう。

また、症状が治まっても3日~5日間ぐらいは、便にウイルスが含まれていることもあるようですので、感染の拡大に気をつけるようにしましょう。


ノロウイルスの治療について

ノロウイルスに対する薬は、現在でておりません。吐き気を抑える薬や、胃腸を整える薬などの飲み薬、脱水症状に伴う点滴などで症状を緩和します(対症療法)。

吐き気を抑える薬の中には、副作用として眠くなる場合がありますので、注意してください。また、ほとんどの吐き気止めは、食前の投与になると思いますので、食事がとれない状態でも服用できます。
※薬の種類によっても異なりますので、薬剤師にご相談ください。

※下痢止めも処方されることがあるかもしれませんが、感染初期の段階では、ウイルスを排泄させた方が良いとの考えから、使用しないことがあります。

また、ウイルスを早く追い出し、脱水症状を予防するためにも水分をたくさんとるようにしてください。食べられる状態になったら、栄養のあるモノを摂取するように心がけてくださいね。

>>次のページでは、ノロウイルスの予防についてご紹介します!>>

更新日:2006年12月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する