胃腸の病気/血便・下血

大便、ウンチでわかる?健康チェック

毎朝ウンチチェックしてますか? ウンチは体調によって固いものから下痢気味のもの、色や太さまでさまざま。健康状態をあらわすバロメーターとなるウンチの、「これは危ない!」をご紹介します。

執筆者:光原 ゆき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文章:光原 ゆき(前任ガイド)

ウンチチェックしてますか?

胃腸図
食物は胃でほとんどが消化され、長い腸の旅を経て“ウンチ”になります
ついつい飲み食いが過ぎてしまい、ポッコリ出たお腹を見てメタボを気にする人は多いかもしれません。ですが、食べたら食べた分だけ排泄されるウンチにもまた気をつける必要があります。健康はウンチから始まるといっても過言ではありません。じっくり自分のウンチを見るのは臭くてつらいかもしれませんが、ウンチチェックしてみませんか?

ひとくちに正常なウンチといっても、年齢、食べた物などの生活環境によりさまざまです。目安としては、排便回数は1日1回で時間帯は朝、色は濃すぎない茶色で、形が崩れない程度のやわらかさ、ある程度太く長いウンチが理想といえます。ウンチは健康のバロメーター。色や固さ、太さによっては重大な病気の可能性もあります。


この色のウンチはすぐ検査!

正常なウンチの色は黄色がかった茶色。この色は肝臓から作り出される胆汁の色で、胆汁は脂肪の消化酵素と混じって大腸に流れていきます。もし胆汁が管に詰まったりしてうまく流れないと、正常な茶色のウンチが出なくなります。また、ウンチの色の違いで、体の臓器のトラブルがわかります。

もし、白色や深い緑色のウンチが出たらビックリですが、この場合、胆管に胆石が詰まっていたり、すい臓がんや肝臓がんの可能性もあるので、すぐに検査が必要です。真っ黒なコールタール状のウンチが出たら、胃からの出血を考えましょう。この黒色は血液中の鉄分が酸化した色で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどが疑われます。ウンチそのものに血が混じった状態、いわゆる血便が出たら、大腸トラブルの可能性が大です。さらに、明るい鮮血になると直腸がんのおそれもあるので要注意です。いずれの場合も、すぐに検査を受けましょう。

次のページでは、ウンチの「固さ」や「太さ」についてご紹介します。

更新日:2007年12月04日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    60

    この記事を共有する