認知症/認知症予防・食生活・運動・脳トレ

回想法で眠った記憶を呼び覚ます!

回想法は、認知症の治療に効果的な心理療法。家庭でも取り組めるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

執筆者:西川 敦子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人が変わったように過去を語りだすお年よりも。回想法を身近なケアに取り入れませんか
ふとしたきっかけで昔話に花が咲くと、お年寄りの表情がぐっと生き生きするのに気づいたことはありませんか?回想法は、認知症の治療に効果的な心理療法。家庭でも取り組めるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



眠っていた記憶を呼び覚ます「回想法」


『まあ、懐かしい。この曲、戦前によく姉が歌っていたのよ……』

「びっくりしましたよ。普段、めったに口をきかない利用者さんが、突然、饒舌に語りだしたんです」。都内のグループホームに勤めるAさんは、驚きの体験を明かしてくれました。このグループホームでは、つねづねBGMを流していたそう。クラシックや童謡など、静かな感じの曲が多かったといいます。ところが、CDを「懐メロ集」に取り替えた途端、無表情だったお年寄りの顔がぱっと変わったのだとか。「ご自分も一緒に歌い始めて。次第に周囲のお年よりも参加し始めて、とうとう大合唱になっちゃいました」

回想法は、認知症ケアの手法のひとつ。過去の懐かしい思い出を語り合ったり、誰かに話したりすることで、心の核となる部分を再発見することができます。自分の存在の意味、人生の歴史を見つめ直し、あらためて自尊心を持てるようにもなる、ともいわれています。

提唱したのは、アメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏。1960年代に、「過去の経験を振り返り、問題をよく考えれば、解決の方向性を見出すことができる」と主張したのが始まりでした。それまでは、過去を振り返る行為は現実逃避的であり、治療の妨げになるという考え方が一般的だったのです。しかし、実際に効果があることがわかり、回想法は高齢者向けの心理療法として、広く知られるようになりました。

回想法には、専門家などによっておこなわれる「ライフレビューセラピー」と、一般的な「レミニッセンス」とがあります。ここでは、さらに家庭で手軽にできる、ごく簡単な回想法をご提案しましょう。

回想法その1 歴史をネタにする


関東大震災や二二六事件、終戦など、歴史上の大事件をネタに、会話を試みてはいかがでしょうか。スムーズに会話を展開するために、あらかじめ勉強をしておくとよりグッド。前後に起こった事件や、首相の名前、当時、お年寄りがいくつだったのかなどを頭にインプットしておきます。
地域の風土記などを読んでおくのもよいでしょう。「昭和○○年に、川が大反乱した」とか、「大正○年に公会堂ができた」などという話題も、お年寄りの記憶力を刺激するかもしれません。

回想法その2 道具をネタにする


古道具屋さんで見つけた土瓶やかんざし、昔懐かしい駄菓子……。「ほら、こんなの買ってきちゃった」と見せてあげたら、昔話に花が咲くかも。女性なら台所用品、男性なら玩具などもよいでしょう。「どうやって使うの」などと尋ね、実演つきで教えてもらうと、場が盛り上がります。

回想法その3 映画や音楽をネタにする


おすすめは冒頭のグループホームも使っていたという、懐メロCD集。聴きおぼえのあるメロディに、当時の世相や風俗などがいきいきと甦ること間違いなし!ついでに「どんな人が歌っていたの」「歌詞の中に出てくる○○って何?」「当時の銀座って、どんな街だったの」などとさらに突っ込んでインタビューしてみましょう。銀幕の名優たちが登場する、昔の映画もOK。ただし、戦争物や悲しい映画などは、嫌がるお年よりもいるので、観る前によくたしかめて。

レミニッセンスブック(人生の回想録)を作ってみる


お年寄りの自分史を作ってみるのもよいでしょう。子どものころに住んでいた家、よく遊んだ友達、尋常小学校時代の先生、得意だった科目、初恋の人――。記憶を掘り起こしていくうちに、とうに忘れていたことが甦ってくるかもしれません。写真や、関連のある絵などを入れると、さらに充実した作品になります。

ただし、重度の認知症を患っている人や、過去の記憶によって傷ついている人などの場合、回想法は適しません。その方の状態や過去によく配慮した上で、チャレンジしてみてくださいね。

【関連ガイドリンク集】
  • "> 痴呆症の基礎知識/予防/治療法 from All About 介護サイト
  • 更新日:2006年02月26日

    あわせて読みたい

      この記事を読んで良かったですか?

      良かった

      4

      この記事を共有する