肥満・メタボリックシンドローム/肥満解消・メタボ対策の生活習慣

肥満の敵は肝臓です!中性脂肪を下げるには

健康診断の血液検査で、中性脂肪を是非測定しましょう。中性脂肪が高い方は、ダイエットに成功する確率が高いからです。脂肪細胞やアルコールとの関係、中性脂肪を下げるにはどうすればいいか解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中性脂肪は燃えません!

中性脂肪を燃やしてダイエットという文句を多数見かけますが、これは問題ありです。

筋肉はそのまま中性脂肪を燃やす事はできないからです。筋肉が使うことができるのは脂肪細胞が蓄えている中性脂肪ではなくて、その成分の脂肪酸というものです。ですから、正しくは脂肪酸を燃やしてダイエットという事になります。

実際、ジョギングのような短期運動の前後で採血して較べても、残念ながら血液中の中性脂肪は変化しません

今回は、中性脂肪とダイエットとの関係について迫ってまいります!

中性脂肪が高い人の方がダイエットの成功率が高い!

中性脂肪は燃えないですが、ダイエットが気になる人は、健康診断の血液検査で、中性脂肪(トリグリセライド)を測定することをおすすめします。

中性脂肪は、あなたのダイエットが楽かどうかの指標となるのです!それでは、中性脂肪とダイエットの関係をおおざっぱに下記に分けてみましたので、ご確認ください。

中性脂肪とダイエットの可否
中性脂肪の測定値 ダイエットの可否
50mg/dL以下の方 ダイエットはまず無理です
50-100mg/dLの方 ダイエットは難しいです
100-150mg/dLの方 ダイエットは可能性あります
150mg/dL以上の方 後で述べる方法を試して下さい


中性脂肪が高い人は、[ 中性脂肪を下げること=ダイエット ]になるので、中性脂肪が高い人の方が、ダイエットの成功率は高いのです!


肥満の敵は肝臓にあり!

いよいよ、中性脂肪とダイエットのメカニズムに迫っていきましょう。

中性脂肪が高い状態は、肝臓が中性脂肪を作り過ぎる状態にあります。肝臓が作った中性脂肪は脂肪細胞に蓄えられ、体脂肪が増加してしまいます。肥満の敵は肝臓にありという事になるのです。

なので、脂肪細胞自体は肥満の敵ではありません。

中性脂肪を下げるにはまず節酒!

アルコールを頻繁に飲む人は太るの?」という質問をよく受けますが、アルコール自体は体内で分解されてしまうので直接、肥満の原因にはなりません

しかし、肝臓がアルコールを分解する過程で、中性脂肪の合成が促進されますので、飲酒は高中性脂肪血症の直接の原因となってしまいます。

逆に、節酒しただけで体重減少が起きる人がいます。節酒すると、飲酒のために増加していた肝臓での中性脂肪の合成量が減少するために、結果として脂肪細胞へ運ばれる中性脂肪が減り、脂肪細胞が小さくなって体重が減少するのですね。

しかし、この場合は、飲んだアルコール量の減少が体重減少と関係してくるので、アルコール飲料の種類は関係ありませんのでご注意を! もっと詳しくアルコールについて知りたい人は、「飲酒・アルコールの基礎知識」をご覧ください。


食後の中性脂肪を下げる特定保健用食品があります

節酒や断酒してもまだ中性脂肪が高い人、飲酒していないのに中性脂肪が高い人は、特定保健用食品を試してはどうでしょうか?

コレステロールの上昇を抑える特定保健用食品では、中性脂肪の上昇を抑制することはできません。

特定保健用食品で、体内での中性脂肪の上昇を抑制するものとしてはタクティTGがあります。ガイドも体質的に中性脂肪が高いので、同一成分を含む特定保健用食品を飲んで中性脂肪を測定したことがあります。

タクティTGの主成分はアミノ酸が4個つながったペプタイドなので、医師が処方する中性脂肪を下げる医薬品と違って、副作用は起こりません。食生活で効果的に中性脂肪を下げる方法は「中性脂肪を改善する方法」をご覧ください。


おまけ

中性脂肪を測るときの注意とポイント

  • 中性脂肪値を測る時は、空腹時の値が基本となります。理想的には16時間以上、最低でも12時間の絶食・断酒が必要です
     
  • 上に述べたように飲酒は、肝臓での中性脂肪の合成を促進するので測定前日は断酒してください
     
  • 中性脂肪は、有機物なら何からでも合成できるので、採血当日の糖分の摂取はだめです。ですから、ジュースはだめです。もちろん、牛乳もだめです。当然、スープ、味噌汁もだめです。
     
  • 経験的に、茶、ミルク・砂糖抜きのコーヒーまたは紅茶ならば測定値に影響は出ません。


中性脂肪の測定は、注意事項を守らないとせっかくの採血が無駄になってしまいます。注意事項を守って、朝一番で受診して、採血を受けて下さい

※現在の基準では、150mg/dL以上の方が高中性脂肪という判定になります。

▼関連記事・オススメサイト


* 家庭の医学関連リンク *

更新日:2004年04月26日

(公開日:2002年03月31日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    30

    この記事を共有する