介護・福祉業界で働く・転職する/介護・福祉業界の仕事

介護業界の給与相場

他業界に比べて、給与水準が低いと言われている介護業界。給与の相場はどれぐらいなのか、一般産業平均と比較しながら紹介します。

執筆者:宮下 公美子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般産業平均と介護業界の給与を比較すると

男
一般産業平均の平均賃金は約30万円だが、調査対象者の7割近くが男性、8割以上が正社員で雇用されている
コムスン事件で注目が集まって以来、介護業界は「給与水準が低い」とマスコミで取り上げられることが増えました。給与水準が低いから慢性的な求人難となり、離職者も後を絶たない。そんな声が高まり、2009年4月には介護職の給与水準を引き上げる目的で初めて介護報酬が引き上げられました。

では、介護業界の給与水準はなぜ低いのでしょうか。介護業界の給与水準が実際どうなのかを見る前に、一般労働者の平均賃金を見てみましょう※1

一般労働者(平均年齢40.9歳、勤続11.6年)の男女合わせた平均賃金は29万9100円。これを男女別に見ると、男性33万3700円(平均41.7歳、勤続13.1年)、女性22万6100円(平均39.1歳、勤続8.6年)となっています。この調査対象者の男女比のデータは探しても見あたらなかったのですが、平均賃金から算出すると男性が約68%、女性が約32%となります。雇用形態は、男性の90.5%、女性の75.8%が正社員。ここから算出すると、男女合わせた全体の85.8%が正社員となります。

一方、介護業界ですが、介護労働者の所定内賃金は、
  • 月給:21万6489円(実際に支払った賃金は23万5693円)
  • 日給:8077円
  • 時給:1121円
となっています。この調査対象者のプロフィールは、平均年齢44.4歳。性別は男性15.0%、女性80.5%(不明4.5%)。正社員が44.2%で非正社員が54.2%でした※2

こうして比較してみると、気づくことがありませんか。

一般産業平均では、男女比が約7:3なのに対して、介護業界は約2:8と圧倒的に女性が多いのです。男性と女性の平均賃金は、一般産業平均でも11万円近い開きがあります。介護業界では女性が多く、しかも仕事内容に男女差が少ないため、女性の給与水準が適用され、平均賃金が低くなっていると言えます。保育士などもそうですが、女性中心で取り組まれてきた仕事に男性が進出していくと、給与水準は低いままに抑えられがちになるという問題があると思います。

また、雇用形態を見ても、一般産業平均では計算によれば男女合わせて85.8%が正社員。それに対して、介護業界では正社員は44.4%となっています。この正社員率の低さも、給与水準を引き下げる要因になっていると思います。そしてこれも、女性中心の業界であるからこそ起きてくる問題だといえると思います。

※1 「平成20年賃金構造基本統計調査(全国)結果」(平成21年3月・厚生労働省発表)より
※2 「平成20年度 事業所における介護労働実態調査結果」(2009年7月・介護労働安定センター発表)より

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月30日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する