転職のノウハウ/転職活動の面接対策

好印象を与える転職面接のマナーと心構え

どんなに有能でも、面接のマナーが悪ければ一緒に働きたいとは思われないものです。今回は面接のマナーと心構えについて解説します。

執筆者:高野 秀敏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
面接で落ちてしまう人の典型的なパターンは、マナーや心構えができていないことにあります。いくらあなたが有能でも失礼な態度をとれば、一緒に働きたいとは思われません。また、心構えが間違っているとせっかくの出会いも無駄になってしまいます。面接官とはその会社ではご縁がなくとも、ゆくゆくは5年後、10年後同じ会社になることもあります。受かる受からないは別にして「あの人は良かった」という印象を与えることはとてもメリットがあります。

基本的な面接のマナー「服装」

面接では第一印象が大切!清潔な身だしなみを
面接では第一印象が大切!清潔な身だしなみを
第一印象が大切。まずは外見を整えましょう。

■服装を整える
スーツは体のサイズにあったものを着てください。大きすぎたり、小さすぎるものを着ている人がいます。必ずしも一流ブランドのスーツである必要はありませんが、クリーニングに出したものを着用。できれば持っているスーツのなかで一番良いものを、なければお店の方のアドバイスを聞いて買ってください。

たかがスーツですが、見た目はかなり重要。最初の3分間で面接結果は決まる、という人もいます。たかが見た目、しかし初対面の方に接するわけですから、見た目ぐらいはきちんとしていくということがマナーです。

■ジャケットを着用する
基本的にどんなにゆるい業界でも、ジャケットは着用していったほうが無難です。ジャケットは手に持つのではなく、きちんと着用してください。ネクタイについては、最近はクールビズやウォームビズが提唱されているので、ジャケットを着用していればあまり問題はなくなりました。

■コートは脱いで会社に入る
当たり前ですが冬場は、コートを脱いで会社に入ってください。たまにコートを着たままの人がいます。マナー違反になりますので、注意してください。

■髪型を整える
スタイリングを整えましょう。美容院に最近行っていない人は、すぐに髪を切りにいくこと。

業界によって多少派手でもよい広告やアパレル、銀行やメーカーのように比較的保守的なものを好む業界などあります。面接を受ける会社の業界の雰囲気がわからなければ、その会社やその業界にある会社のビルの前にいき、どんな雰囲気の人が多いのか確かめ、それを真似すればいいのです。やはりその業界らしさというものがあるので、雰囲気を合わせることは重要なのです。

基本的な面接のマナー「時間」

早すぎるのも、遅れるのもNG。時間通りがベストです。

■時間に遅れないこと
ついつい3分間遅れた。それだけでNGという会社もあります。時間に正確な人が好まれ、正確さがない人は好かれません。ちょっとした時間も大切にできないような人は、仕事もできないだろうと判断されることがあります。

■時間通りに会社に入ること
遅れないことも重要ですが、ときおり10分間以上前に会社に着く人がいます。理想はちょうどぴったりか、3分間くらい早く入るということです。10分間以上早い場合は早すぎです。事前にどこかで待ってから会社に入りましょう。

その場合の注意点は、たまたま面接官が会社のそばでタバコを吸っていることなどもあります。あからさまに変な態度や目に付く態度で待っていたり、近辺に座り込んでしまうなどはNGです。全ての行動は見られていると思ってください。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月29日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する