ワード(Word)の使い方/挿入

ワードで地図を描く(グリット線を使う)(2003/2007)

前回に引き続き、地図をきれいに描くコツ 実践編です。2つのポイントを、Word 2003とWord 2007それぞれについて説明します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前回、地図をきれいに作成するポイントを説明しました。今回は、その実践編です。具体的には、次の2つの操作を紹介します。
  • グリッド線を表示し、それに沿って図形を描けるようにする。
  • 「線なし」の四角形を作成する。
Word 2003、Word 2007のそれぞれについて説明しますので、該当する方を参照してください。

グリッド線を表示し、それに沿って図形を描けるようにする(Word 2003)

Word 2003でページ中に方眼紙のようなマス目(グリッド線)を表示し、それに沿って図形を描けるようにします。マス目の縦横は自由に設定できますが、ここでは縦横3mmのマス目を設定します。

1.[ファイル]→[ページ設定]を選択して、[ページ設定]ダイアログボックスを開きます。
[ファイル]→[ページ設定]を選択して、[ページ設定]ダイアログボックスを開きます
[ファイル]→[ページ設定]を選択して[ページ設定]ダイアログボックスを開きます


2.[文字数と行数]タブを選択します。
3.[グリッド線]ボタンをクリックします。[グリッド線]ダイアログボックスを開きます。
[文字数と行数]タブを選択し、[グリッド線]ボタンをクリックします
[文字数と行数]タブを選択し、[グリッド線]ボタンをクリックします


4.[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]をチェックします。
5.[文字グリッド線の間隔]と[行グリッド線の間隔]の両方に「3mm」と単位も含めて入力します。数値は作成する地図に合わせて決めてください。
6.[グリッド線を表示する]をチェックします。
7.[文字グリッド線を表示する間隔]をチェックして「1」を指定します。
8.[行グリッド線を表示する間隔]で「1」を指定します。
9.[OK]ボタンをクリックします。
[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]をチェックし、[文字グリッド線の間隔]と[行グリッド線の間隔]の両方に「3mm」と単位も含めて入力します。次に[グリッド線を表示する]をチェックしたら、[文字グリッド線を表示する間隔]をチェックして「1」を指定し、[行グリッド線を表示する間隔]で「1」を指定して[OK]ボタンをクリックします
[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]をチェックし、[文字グリッド線の間隔]と[行グリッド線の間隔]の両方に「3mm」と単位も含めて入力します。次に[グリッド線を表示する]をチェックしたら、[文字グリッド線を表示する間隔]をチェックして「1」を指定し、[行グリッド線を表示する間隔]で「1」を指定して[OK]ボタンをクリックします


10.ページ中に縦横3mmのグリッド線が表示され、グリッド線に沿って作図できるようになります。
ページ中に縦横3mmのグリッド線が表示され、グリッド線に沿って作図できるようになります
ページ中に縦横3mmのグリッド線が表示され、グリッド線に沿って作図できるようになります


「線なし」の四角形を作成する(Word 2003)

更新日:2009年05月28日

(公開日:2008年12月11日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する