ワード(Word)の使い方/挿入

ワードで地図を美しく描く(図形を揃える)(2003/2007)

「どうもうまく地図が描けない」ということはありませんか。ちょっとしたコツで、きれいに描けるようになるかもしれません。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Wordで地図を作るとき、図形機能(オートシェイプ)で描いた四角形や円、直線を使って道路や建物を表現すると思います。しかし、「どうも、うまくいかない」「自分にはセンスがないのかなぁ……トホホ」ということはないでしょうか。ちょっとしたコツをつかめば、そんな悩みも解決するかもしれません。

地図をきれいに描く3つのポイント

きれいな地図を描くポイントは、図形の縦横をきれいに揃えることです。どんなに個々のパーツがきれいに描かれていても、縦横が不揃いだと、全体としてはきれいな印象を与えないものです。

今回紹介するコツも、図形の縦横を揃えることに集約されます。ポイントは次の3つです。
  • ポイント1:グリッドを表示してグリッドに沿って描く
  • ポイント2:線のない塗りつぶし四角形を使う
  • ポイント3:線を使わない
では、各ポイントについて、詳しく説明していきます。

ポイント1:グリッドを表示してグリッドに沿って描く

Wordできれいな地図を描く第一のポイントは、画面に「グリッド」と呼ばれるマス目を表示して、そのマス目に沿って図形を描くことです。次はグリッドを表示して図形を描いているところです。

画面にグリッド線を表示すれば、グリッド線に沿って図形を描けます
画面にグリッド線を表示すれば、グリッド線に沿って図形を描けます


図形がグリッド線にピッタリ揃っているのがわかると思います。もちろん、グリッド線には自動的に揃えられます。これなら、複数の図形を描いても、縦横が自動的に揃います。

ただし、「グリッド」だけではうまくいきません。図形によっては、グリッド線にピッタリと揃わないものもあるからです。

ポイント2:線のない塗りつぶし四角形を使う

更新日:2009年05月28日

(公開日:2008年12月01日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する