ワード(Word)の使い方/便利な機能・トラブル対策

Word(ワード)文書にパスワードをかける方法

人に読まれると困る文書は、パスワードで保護しましょう。読み込むときパスワードを求められるので、正しいパスワードを知っている人しか内容を表示・編集できなくなります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誰でも人に言えない秘密の一つや二つ……持っているかどうかは別として、秘密にしておきたいWord文書は意外と多いのではないでしょうか。仕事で利用する資料や企画書、報告書のたぐいはもちろん、大事なメモや伝言を書いた文書など……今回紹介する方法を使えば、手軽に秘密文書を作ることができます。

読み込むときのパスワードを設定する

今回は、Wordの文書ファイルにパスワードを設定します。パスワードを設定すると、正しいパスワードを入力しないと文書ファイルを読み込むことができなくなります。「他の人には読まれたくない」という場合はもちろん、パスワードを知らせた特定の人物にだけ読んでもらいたいときにも便利です。

1. パスワードを設定する文書を作成したら、[ファイル?名前を付けて保存]を選択して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開きます。

[ファイル?名前を付けて保存]を選択して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開きます。
[ファイル?名前を付けて保存]を選択して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開きます。


2. [保存先]でファイルを保存する場所を指定します。
3. [ファイル名]でファイル名を設定します。
4. [ツール]ボタンをクリックし、メニューから[セキュリティオプション]を選択します。[セキュリティ]ダイアログボックスが表示されます。

[ツール]ボタンをクリックし、メニューから[セキュリティオプション]を選択します。
[ツール]ボタンをクリックし、メニューから[セキュリティオプション]を選択します。


5. [読み取りパスワード]に半角の英数字・記号を使って15文字以内でパスワードを入力します。なお、入力したパスワードは「*」で表示されます。これは、入力中の画面を誰かに見られてもパスワードが漏れないようにするためですが、入力中の文字を確認できないのでキーボードの状態を必ず確認してから入力しましょう。

特に、アルファベットの大文字/小文字のどちらを入力できる状態になっているかは要チェック。パスワードは、アルファベットの大文字と小文字が区別されますので、入力したときは小文字だと思っていても、実際は[Caps Lock]キーがロックされていて大文字のパスワードになっていた……ということは珍しくありません。

なお、[カナ]キーをロックして半角カナで入力した場合は、警告が出て設定できませんので、その点は安心できます。
6. 設定したら[OK]ボタンをクリックします。

[読み取りパスワード]に半角の英数字・記号を使って15文字以内でパスワードを入力します。
[読み取りパスワード]に半角の英数字・記号を使って15文字以内でパスワードを入力します。


7. もう一度、パスワード入力を求められますので、同じパスワードを入力します。
8. [OK]ボタンをクリックします。

もう一度、パスワード入力を求められますので、同じパスワードを入力します。
もう一度、パスワード入力を求められますので、同じパスワードを入力します。


9. [名前を付けて保存]ダイアログボックスに戻ったら、[保存]ボタンをクリックして保存します。

[保存]ボタンをクリックして保存します。
[保存]ボタンをクリックして保存します。


以上でパスワードの設定は完了です。[ファイル]→[閉じる]でファイルを閉じると、以降、その文書ファイルを読み込むとき必ずパスワード入力が必要となります。

パスワードを設定した文書ファイルを読み込む

更新日:2009年06月16日

(公開日:2007年01月21日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    26

    この記事を共有する