エクセル(Excel)の使い方/エクセルの基本操作

ワークシートを保護しよう!

苦労して入力した数式が書き換えられてしまった!なんていう経験はありませんか?この記事で紹介する「シートの保護」機能を使えば、そのような問題を回避することができます!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
数式を入力したセルに数値データなどを入力してしまうと、数式が上書きされてしまって、入力したデータに書き換えられてしまいます。

数式を入力した本人であれば、ミスに気が付いて元に戻すことが、作成者以外のユーザーが利用していた場合などは、入力ミスに気付かないまま上書きで保存してしまうかもしれません。

この記事では、「シートの保護」機能を使って、セルが書き換えられるのを防ぐ方法を紹介します。使用しているサンプルは、「Excel(エクセル)で作る御見積書の作成例」「エクセルで見積書の作成(計算式の追加)」「エクセルで見積書の作成(VLOOKUP関数の導入)」で紹介した御見積書です。


「シートの保護」機能の設定のコツ

「シートの保護」機能は、その名の通り、シートを保護する機能です。保護されたシート上のセルは「ロック」され、データを入力しようとすると、警告メッセージが表示されます。


※警告メッセージには、次のような文言が表示されています。
「変更しようとしているセルまたはグラフは保護されているため、読み取り専用となっています。」
「保護されているセルまたはグラフを変更するには、[ツール]メニューの[保護]をポイントし、[シート保護の解除]をクリックして保護を解除します。パスワードの入力を要求されることもあります。」


セルがロックされるかどうかは、「セルの書式設定」ダイアログボックスの「保護」タブで確認できます。「ロック」にチェックを入っていると、そのセルはシートを保護したときにロックされ、データ入力や編集などができなくなります。



「ロック」のチェックを外したセルは、シートを保護しても、通常通りにデータを入力したり、編集したりすることができます。



なお、初期状態では、すべてのセルがロックされる設定になっているので、特にセルの設定を変更しない限り、シートを保護すると、すべてのセルがロックされます。

したがって、シートの保護を設定するときは、ロックしないセル、つまり入力したり編集したりできるようにするセルの方を意識します。そして、そのセルの書式設定でロックのチェックを外して、シートを保護します。

保護する内容を設定することもできる

シートの保護を設定するときに「シートの保護」ダイアログボックスが表示されます。この中に「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」という一覧があります。この一覧でチェックを付けた項目は、シートを保護した後も操作できるようになります。



上図のとおり、初期状態では、「ロックされたセル範囲の選択」「ロックされていないセル範囲の選択」のみにチェックがついています。つまり、ロックの設定に関わらず、セルを選択できる状態に設定されています。その他の項目は、すべてチェックが外されているので、ほとんどの機能が使用できない状態になっています。

ここで、私は「ロックされたセル範囲の選択」のチェックを外すようにしています。操作できないセルを選択できても意味がないからです。また、この設定によって、最初にご紹介した警告メッセージも表示される機会がなくなります。

データを入力したり編集したりするためには、まずセルを選択する必要があるわけですが、この「セルを選択する」操作ができなくなるからです。



さらに、この設定にしておけば、Tabキーを押して「ロックされていないセル」、つまり「入力可能なセル」だけをたどることができるので、作業効率が上がります。




更新日:2009年07月26日

(公開日:2006年07月25日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    8

    この記事を共有する