エクセル(Excel)の使い方/印刷・図形・共有機能など

印刷されるセル範囲を確かめよう!

最終的に印刷する必要がある文書をExcelで作成する場合、印刷されるセル範囲がどこからどこまでなのか確認しておくと、効率的に作業をすすめることができます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excelの印刷範囲

Excelを起動すると、何も入力されていないワークシートが表示されます。



しかし、この画面を見ても、セルが規則正しく並んでいるだけで、これからどのように文書を作成するのかイメージがわいてこない・・・という感想を持つ方も多いのではないでしょうか?

そこで、A4タテ型の文書を作成する場合を想定して、印刷されるセル範囲を確認してみましょう。「ファイル」→「ページ設定」を選択します。



表示された「ページ設定」ダイアログボックスで、「印刷の向き」が「縦」、「用紙サイズ」が「A4」に設定されているのを確認して、「印刷プレビュー」ボタンをクリックして下さい。



「印刷できるものはありません。」という注意メッセージが表示されますが、「OK」ボタンをクリックしてメッセージを閉じて下さい。



おや?ワークシート上に点線が表示されました。




更新日:2009年07月29日

(公開日:2005年12月04日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する