エクセル(Excel)の使い方/エクセル(Excel)の使い方関連情報

Excelで使われる単位の話

見る機会が多いわりに意外と知られていない、セルの高さや列幅の数値の単位についてご紹介!思った以上に奥が深い話です。ぜひご参考下さい!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事では、セルの高さや列幅で使われている数値の単位について、詳しく紹介します。

セルの高さの単位


まず、セルの高さの数値を表示してみましょう。セルの高さの数値を表示するには、行と行の境界線にマウスポインタを移動して、ポインタが下図のような形になったところで、左ボタンを押したままにします。



すると、次のようなポップヒントが表示されます。
この「13.50」がセルの高さを表す数値で、単位は「ポイント」です。
1ポイントは1/72インチ。1インチが約25.4mmなので、1ポイントは25.4mm÷72より、約0.3528mmであることがわかります。したがって、13.50ポイントは約4.76mmとなります。



もう1つの単位「ピクセル」


ポイントの右側に、カッコ書きで「(18ピクセル)」と表示されています。この「ピクセル」とは、ディスプレイの表示やプリンタの出力を構成する最小単位(小さな点)のことです。例えば、セルの高さが13.50ポイントの場合、ディスプレイ上では18ピクセル、つまり、ディスプレイの表示は18個の点から構成されていることを表しています。



なお、マウスでセルの高さを調整する場合、ディスプレイで表示できる最小単位がピクセルであるため「ピクセル単位」で調整されます。



一方、「書式」メニュー→「行」→「高さ」をクリックして表示される「行の高さ」ダイアログボックスでセルの高さを調整する場合、0.25ポイント単位で詳細に設定できます。この場合、ディスプレイでの表示上は、ピクセル単位に合わせたポイントが表示されるため、設定したポイントでない数値が表示されますが、実際には0.25ポイント単位で設定されています。



列幅の単位


セルの高さと同様に、列幅の数値を表示してみましょう。列幅の数値を表示するには、列と列の境界線にマウスポインタを移動して、ポインタの形が変わったところで左ボタンを押したままにします。すると、次のようなポップヒントが表示されます。



この「8.38」が列幅を表す数値で、「標準フォント」の半角文字の文字数を表しています。
例えば、列幅が「8.38」の場合、「標準フォントの半角文字が8.38文字分表示できる列幅」ということになります。

つまり、列幅を表す単位は「表示できる文字数」である、ということです。なお、MS Pゴシックなどのような、文字によって文字幅が異なる「プロポーショナルフォント」の場合は、半角文字「0」の文字幅を基準とします。



ちなみに、標準フォントは、「ツール」メニュー→「オプション」をクリックして表示される「オプション」ダイアログボックスの「全般」タブ内にある「標準フォント」で設定・確認できます。ここでは、サイズ「11」の「MS Pゴシック」(デフォルトの設定)に設定されています。



文字幅はフォントによって違います。したがって、標準フォントの設定によって、表示に必要なピクセル数が変わってきます。

例えば、標準フォントをサイズ「11」の「HG丸ゴシックM-PRO」に設定すると、半角文字8.09文字分を表示するのに、列幅は96ピクセル必要になります。



また、セルの高さと同様に、列幅でも、カッコ書きでピクセル単位による数値が表示されています。ディスプレイで表示できる最小単位がピクセルであることから、列幅も「ピクセル単位」で調整されます。




更新日:2009年07月26日

(公開日:2007年04月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    20

    この記事を共有する