Mac OSの使い方/Macでの各種設定のトラブル

いまさら聞けないMacのキホン

Mac OSならではの基本の操作性、決まり事とその理由「Macのキホン」を理解さえすれば、納得する事も多い。ここでは、そんな「Macのキホン」を紹介する。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いまとなっては、Windowsが動作するようになったことで注目を浴びているMacですが、本来は独自のMac OS Xが持つユニークな操作の楽しさや使いやすさが魅力のパソコンです。

しかし、今のWindowsしか使った事がない人や、パソコン初心者にとってはそんなことは無関係。Mac OSの画面上部に貼り付いたメニュー、画面いっぱいに広がらないウインドウ、右クリックが(初期設定では)ないマウス、独特のキーボードなどは、むしろWindowsに慣れた人から敬遠される要因になることも少なくありません。

使い慣れたメーカーから異なるメーカーの家電製品に買い替えたときの戸惑いのように、Macを初めて使うときは戸惑いも多くなると思います。しかし、Mac OSならではの基本の操作性、決まり事とその意味である「Macのキホン」を理解さえすれば、きっと納得して気持ちよく使いこなすようになると思います。

Finderのキホン

Mac OS の“顔”といえるアプリケーションといえば、なんといっても「Finder(ファインダー)」でしょう。

Finderはファイルやフォルダを管理するアプリケーションです。アイコンをドラッグ&ドロップするファイルのコピーや移動以外にも、表示の切り替え方法やウインドウの操作方法、キーボードショートカットの割当などの基本的な操作性は、Mac OSで動作する他のアプリケーションでも応用が効くものなので、しっかりとマスターしておきましょう。

//img.allabout.co.jp/gm/article/2977/fukusei.jpg
「複製」というメニューはFinderだけではなく、Mac OSで動作するソフトウェアに多く見られる独特のコマンド
●基本操作1:「ファイルをコピー」
  • 方法その1:ファイル/フォルダを選択した状態で、「ファイル - 複製」 を実行し、出来上がったコピーを目的の場所に移動する。「複製」のキーボードショートカットはcommand + d
  • 方法その2:option キーを押さえながら、ファイル/フォルダをドラッグする
    ※注意事項:Finderで同名のフォルダを上書きすると、Windowsとは異なりフォルダ全体が置き換わるため、もとのフォルダの中身が失われてしまう
●基本操作2:「ファイルを移動」
  • 同一ボリューム間ならば、ドラッグ&ドロップで移動。異なるボリュームの場合、commandキーを押しながらドラッグ&ドロップする
    ※コピー時、移動時にマウスドラッグを途中でキャンセルしたい場合はメニューバーにアイコンを重ねてドロップする。
●基本操作3:「拡張子を表示」
  • 1ファイルだけ:「ファイル - 情報を見る」を表示し「拡張子を隠す」をオフにする
  • すべてのファイル:「Finder - 環境設定」の「詳細」で設定する
●基本操作4:「サーバーへ接続」
Finder のメニュー「移動 - サーバーへ接続…」を実行し、以下の操作を行います。
  • Mac OSサーバー:Macのマシン名を入力
  • Windowsサーバー:smb://ドメイン名;ユーザ名:パスワード@サーバーアドレス/共有名 の形式で入力
  • ftpサーバー:ftp://ユーザ名:パスワード@サーバーアドレス/共有名 の形式で接続
    ※ドメイン名、ユーザ名、パスワードを省略すると後から入力ダイアログが表示される。
    ※ Finder で ftp に接続したときはダウンロードだけでアップロードできない。アップロードしたい場合はCyberduckなどのフリーソフトを利用しよう!
//img.allabout.co.jp/gm/article/2977/server_setuzoku.jpg
MacサーバーやWindowsサーバーへの接続では「ブラウズ」を押して、サーバーを名前で探す事もできる

●その他、覚えておきたいキーボードショートカット
  • ファイルを開くには、command + o を押します。Windowsとは異なり、リターンキーでは名前変更となるので注意が必要です。Windowsユーザから見ると違和感がありますが、ファイル名に日本語をよく使う人にとっては、変換確定時に誤ってファイルを開いてしまうことが無くなるため、慣れればこちらのほうが便利です。
  • ファイル/フォルダをキーボードでゴミ箱に移動するには、command + delete(リターンキーの上のキー)
  • ファイル/フォルダを複数選択するときは、shift + クリックまたは command + クリック
  • フォルダ階層を移動するには、command + ↑ or (タイトル名をcommand + クリックしてもよい)
  • Finderウインドウの表示形式を変更するには、command + 1 or 2 or 3 or 4 のいずれかを押します。
次はメニューとキーボードについてのキホンです。

更新日:2009年06月06日

(公開日:2008年04月20日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する