起業・会社設立のノウハウ/フリーランスになる

【特集】フリーランス・個人事業の節税対策

大増税時代の到来!? フリーといえども、節税対策が必要です。知らないで損をしている場合もあります。ムダな税金を支払わないために、節税のポイントを今一度確認しておきましょう。今月の特集は、要チェックです!

執筆者:塚田 祐子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住民税、国民健康保険料
前年の総所得金額を基に、住民税、国民健康保険料が算出されます。
6月に入ると、今年度の「住民税」と「国民健康保険料」の支払通知書が送られてきます。請求金額を見て、ため息。(保険料が高い!)確定申告をして、還付金があったと喜んだのもつかの間です。住民税と国民健康保険料は、前年の総所得金額を基準に算出されるものですから、昨年の利益から支払う勘定になります。

痛いのは、国民年金と違って、健康保険料は掛け捨て。会社員の保険にある「傷病手当金」(病気やケガで療養中、給与の60%が支給される)のような特典も無いので、かなりの負担感があります。

大増税時代の到来”と言われていますから、フリーといえども、節税対策が必要です。知らないで損をしている場合もあります。ムダな税金を支払わないために、節税のポイントを今一度確認しておきましょう。今月の特集は、要チェックです!


節税、3つのポイント!

フリーランスの場合、節税のポイントは、次の3つになります。

売上 - 経費 - 青色申告特別控除 - 所得控除 = 課税所得金額

1.経費をモレなく計上する
2.青色申告特別控除、65万円をゲット
3.税法上の特典(所得控除)をフル活用する


それでは、それぞれのポイントを見ていきましょう。

その1:経費をモレなく計上する

必要経費
経費はモレなく記帳しましょう!
先ず、大事なことは、仕事で使った費用をモレなく経費計上することです。そのためには、必要経費として認められる範囲を把握しておくこと。領収書を必ずもらうクセをつけておくことも大切です。

次に家事関連費」を、モレなく必要経費に計上すること。自宅をオフィスにしている場合や車を仕事に使っている場合は、家賃、水道光熱費、通信費(電話料、インターネット通信料等)、車の費用(購入費、ガソリン代、駐車料金等)を、仕事に使用している割合に応じて、経費にします。

消耗品扱いにならない高額備品の購入金額は、10万、20万未満にして、なるべく購入した事業年度、又は短期間に減価償却して経費に繰り入れるようにします。

■関連記事
必要経費になるのは、どこまで?
コレ必要経費になる?ならない?
開業前の準備費用は、必要経費?

更新日:2006年06月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する