「この頃、検索エンジンが使いづらくなったと思いませんか?」知人からの質問です。
検索エンジンが使いづらくなってきた
検索エンジンが使いづらくなってきた

「以前は適当なキーワードを入れると、自分が探しているサイトを比較的簡単に見つけることができましたが最近はなかなか見つかりません。かなり詳細なキーワードを考えていれないと求めるサイトにたどりつけなくなっています。そんな気がしませんか?」

確かに検索エンジンで見たい情報が掲載されているWebサイトを見つけるのはだんだん難しくなってきています。

背景としてWebサイトの爆発的増加があります。イギリスの「Netcraft」の発表によれば全世界に存在するWebサイトの総数がこの11月に初めて1億サイトを突破しました。2004年5月に5000万でしたので、2年半で倍増したことになります。圧倒的にサイトの量が増えていますので以前、入力した検索キーワードと同じものを入れても検索結果はかなり変わってきています。

自分だけの検索エンジンが作る

では自分が見たいサイトを効率よく探してくれるような検索エンジンを作ることはできないのでしょうか。

ある程度のものであればオリジナルの検索エンジンを作ることができるようになりました。マイクロソフトが始めた「Live Search」という検索エンジンです。Live Searchには「検索マクロ」というのがあり、これを使ってオリジナルの検索エンジンを作成できます。

検索マクロには初級者向けと上級者向けがあります。初級者向けは最大30件まで検索対象とするサイトを登録することができます。さっそくやってみましょう。
Live Search検索マクロでオリジナル検索エンジンを作る
Live Search検索マクロでオリジナル検索エンジンを作る

Live Searchの検索マクロにアクセスし、開始をクリックすると初級者用か上級者用を選ぶ画面が出てきます。まずは初級者用を選びます。

検索するサイトを登録できますので、例えば「www.rakuten.co.jp」と「shopping.yahoo.co.jp」と指定してみます。

検索キーワードに例えば「みかん」と入力して「検索テスト」をクリックすると、右にLive Searchの検索結果が左に自分が作成した検索エンジンの結果が表示されて比較できます。

右側はいろいろなサイトの情報が表示されますが、左は楽天市場とYahoo!ショッピングの結果しか出てきません。
Live Searchとオリジナル検索エンジンの結果を表示
Live Searchとオリジナル検索エンジンの結果を表示


自社サイトを一つだけ指定した場合は、Googleで自社サイトのサイト内検索機能を提供していますが、ほとんどそれと同じになります。

さてテスト結果が満足のいくものであれば検索マクロとして登録します。

まず「検索マクロの保存」を選びます。最初はIDなどを取得したりいろいろと登録する必要がありますが、必要事項を入力すると「楽天市場とYahoo!ショッピングのサイトから商品を探す」という自分だけの検索エンジンができあがります。

また自分だけの検索エンジンにアクセスするためのURLも表示されます。ブックマークに登録しておくといつでも呼び出して使うことができます。
自分だけの検索エンジンができた
自分だけの検索エンジンができた


※実際にやってみたところ楽天市場の商品はかなり見つけられますが、Yahoo!ショッピングではほんの一部しか見つけられませんでした。

楽天市場で「みかん」を検索 14,137件
Yahoo!ショッピングで「みかん」を検索 5,094件

MSNで「みかん site:www.rakuten.co.jp」で検索 3,604 件
MSNで「みかん site:shopping.yahoo.co.jp」で検索 59件

MSN(Live Search)とYahoo!ショッピングはかなり相性が悪いようです。

もっと細かなオリジナル検索エンジンを作ってみましょう