ステップ2:GoogleウェブマスターツールでWebサイト追加

さてGoogleの場合はさらに決め細やかな登録を行っていきます。

まずGoogleウェブマスターツールにアクセスします。GoogleウェブマスターツールとはGoogleから提供されているツールで、これを使ってGoogleとの相性の良いWebサイトにすることができます。

GoogleウェブマスターツールにアクセスするにはGoogleのIDが必要となりますので、IDがない場合は先に取得してください。ID取得は無料です。
GoogleウェブマスターツールにWebサイト追加
GoogleウェブマスターツールにWebサイト追加


Googleウェブマスターツールに入るとマイレポートが表示されます。ここに自社WebサイトのURLを追加します。
>> Googleウェブマスターツール

次に追加したサイトの管理者確認を行います。

これは本当にあなたがWebサイトの管理者かどうかの確認です。具体的には2つの方法のいずれかを選択します。
(1)指定されたMETAタグをindex.htmのヘッダー部分に挿入してサーバへアップ
(2)指定された名前のファイルをメモ帳で作成し、FTPでサーバへアップ

どちらもWebサイトの管理権限がないとできませんので、これで正当な管理者かどうか確認します。やってみると(1)の方法はなかなか認識しない場合があり(2)の方法がおすすめです。

どちらの方法を選んだか通知すると、サーバへのアップをすぐに確認します。

検索ロボットの巡回結果レポートが見られます

Webサイトを追加し何日か経ってからGoogleウェブマスターツールにアクセスするといろいろなレポートを見ることができるようになります。
検索ロボットの巡回結果レポートが見られる
検索ロボットの巡回結果レポートが見られる

検索ロボット(クローラ)がいつ巡回したのか、その日時を確認することができます。また巡回してタイムアウトや見つからずにエラーとなったページが分かります。

例えばハードディスク上でファイル名を変更したのにサーバーへアップするのを忘れていると見つからずエラーとなります。

レポートで原因を確認し、修正することでWebサイトの品質を保つことができます。これはGoogleだけでなく他の検索エンジンにとっても有効です。

ここがポイント!
Googleウェブマスターツールを使って自社Webサイトを追加することで品質を保つためのレポートを見ることができる

まだまだ終わりではありません。次はサイトマップ登録です