企業のIT活用/生産管理/物流/在庫管理

在庫計算方法 経済的発注量とは

在庫を削減するには発注量のコントロールが重要です。発注量が多すぎれば在庫が積みあがってしまいます。反対に発注量が少なすぎると後の製造工程に影響します。最適な発注量をどう考えたらよいのでしょうか。

この記事の担当ガイド

3500件以上の経営、ITに関わる相談をこなすITコンサルタント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発注費用を考える

アドバイザー:「発注費用は発注に伴う通信費や人件費、また納品された時の検品作業などの費用となります。発注量が少ないと1回あたりの発注費用は割高になります。」

発注費用は発注に伴う費用の合計
発注費用は発注に伴う費用の合計

社長:「この曲線が発注費用になるんですね。」

アドバイザー:「そうです。そして在庫保管費用と発注費用を足すと在庫総費用になります。発注回数を減らすと発注費用は減りますが、今度は在庫保管費用がかさみます。逆もまた同じで、つまりトレードオフの関係になります。」

在庫保管費用と発注費用はトレードオフの関係になる
在庫保管費用と発注費用はトレードオフの関係になる

社長:「なるほど。」

アドバイザー:「この在庫総費用が最小となる発注量を経済的発注量といいます。グラフのどこだと思いますか?」

社長:「このくぼんだところが一番少ないので、このくぼんだところですね。」

在庫保管費用と発注費用が交差するところが経済的発注量
在庫保管費用と発注費用が交差するところが経済的は発注量

アドバイザー:「そうです。この位置は在庫保管費用と発注費用が交差するところですので、【在庫保管費用=発注費用】となります。」

経済的発注量の求め方

実際にどう経済的発注量を計算するかみてみましょう。

年間の発注費用=1回あたりの発注費用×年間の発注回数
年間の在庫費用=1つあたりの在庫維持費×年平均の在庫量

実際に計算してみましょう。

<計算に使うデータ>
資材の年間消費量 9,000,000個

発注一回当たりの費用(計10,000円)
通信費などの業務コスト 1,000円
倉庫作業等の人件費 9,000円

保険料など在庫維持費が1個あたり2円

■年間の発注費用=1回あたりの発注費用×年間の発注回数

一回当たりの発注量をQとすると、年間の発注回数は9,000,000/Qで表わされます。
年間の発注費用は10,000円×9,000,000/Qとなります。

■年間の在庫費用=1つあたりの在庫維持費×年平均の在庫量

年平均の在庫量はQ/2と表せますので、年間の在庫費用は2円×Q/2となります。

【年間の発注費用=年間の在庫費用】として計算するとQは300,000となります。これが経済的発注量となります。

一度に仕入れた場合と比較

例えば一度に全部を仕入れたとすると
10,000円×9,000,000/9,000,000+2円×9,000,000/2
=9,010,000円となります。

経済的発注量で発注すると
10,000円×9,000,000/300,000+2円×300,000/2
=600,000円となり、その差は8,410,000円となります。


社長:「すさまじく違うのですね。発注量のコントロールが重要ということがよく分かりました。」

アドバイザー:「これは極端な例ですが、うまく発注量をコントロールすることで在庫も少なくでき、コストも削減できます。ただし季節変動が大きい製品の場合は閑散期の経済発注量が1ヶ月、2ヶ月の素材を一度に入れてしまうことにもなりますので配慮が必要です。」

次は「定期発注方式」について考えましょう。

更新日:2006年02月13日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する