住宅購入の費用・税金/住宅ローン

返済比率「年収の25%」は常識?

住宅ローンがいくら借りられるかは予算を左右する大問題。ローン返済額が年収に占める比率は「25%が目安」とよく言われますが、本当にどんなケースにも当てはまるのでしょうか。検証してみました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「25%説」はなかば常識となっているが…

計算機イメージ
「返済比率は年収の25%」というセリフはよく耳にするけど、果たしてそれは…?
住宅購入に関する雑誌や本などを見ると、「住宅ローンの返済負担は年収の25%以内が目安」などとよく書いてあります。この「返済比率25%説」は住宅業界ではなかば常識のようになっているので、モデルルームの資金相談などで聞かされた人もいるでしょう。

確かに25%というのは分かりやすい数字なのですが、どのくらい根拠のあるものなのでしょうか?例えば税込み年収600万円の場合、年収の25%というと、

600(万円)×25(%)=150(万円)

12ヶ月で割ると12万5000円、ボーナス払いを3ヶ月分入れれば15ヶ月で割るので、ちょうど10万円です。家賃負担と比べても、「まあ、こんなものか」という感じかもしれません。


年収600万円だと月々の生活費は22万円!

手取り年収で計算してみるとどうでしょう。税金と社会保険料の合計を、やや多めですが年収の20%とすると手取り額は、

600(万円)×80(%)=480(万円)

ボーナスが3カ月分として15で割ると一月あたりの収入は、

480(万円)÷15(ヶ月)=32(万円)

です。ここからローンの負担10万円を引くと、月々の生活費は22万円となります。この22万円から食費や光熱費、洋服代、ローン以外の住居費(管理費や修繕積立金など)、生命保険料、医療費、教育費、小遣いなどを支払うわけです。

このほかに、ボーナス収入からボーナス払い分を差し引いた66万円が手元に残ります。これらの金額をやり繰りしながら、将来に備えた貯蓄もしていかなければなりません。あまりぜいたくはできないかもしれませんが、やっていけない金額ではないでしょう。

それでは、年収600万円で年収の25%負担を返済に充てていくとしたら、いくらの物件が買えるのでしょうか?次ページで解説しましょう!

更新日:2005年01月13日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    11

    この記事を共有する