話し方・伝え方/話し方・話題作りの基本

話題豊富な会話術

仕事の話はしやすいけれど、何気ない話題で会話するのは苦手だという人が多いようです。話題を豊富にするにはどうしたらいいのか、それを使えるようにするには……そんな疑問にお答えしましょう。

執筆者:立川 亜美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスシーンでは営業先でのちょっとした会話、またプライベートでは初めて会った人との会話など、さりげない話題で場を盛り上げるのに困っていませんか?
前回行ったアンケート「話すときの悩みは何ですか?」でも「仕事以外の話が出来ない」という意見は2番目に多いという結果。そこで今回は、話題豊富に会話をするポイントをご紹介しましょう。

豊富な話題で距離を縮める

仕事以外の話題を持ちましょう
仕事以外の話題が豊富な人は、人柄がわかるので信頼されやすいもの
客先で雑談が盛り上がらず、すぐに仕事の話をしてしまう、ということはないですか? またパーティで紹介された異性に、仕事以外の話をしなければ! と、焦るあまり何も話せなかったという人はいませんか?

仕事以外の話題だと、言葉がつまって話が出来ないのはなぜでしょう?

それは予測が出来ない会話だからです。
仕事の場面だと、ある程度は相手がどんなことを言ってくるか予測したり、事前に話題を準備しておくことも出来ます。ところが、それ以外の話題は相手のことをよく知っていないと何を話すのか、相手が聞きたいことは何なのかわかりません。そんな予測不能な会話に対応していくところに難しさがあります。

仕事以外での会話をさりげなく出来る人は、人柄が会話から垣間見えるので相手から信頼を受けやすくなります。以前の記事「クリスマスを10倍楽しむ自己紹介」でも触れたように、相手がどんな人なのかがわかると、好感や信頼感が生まれます。話題が多ければ多いほど、たくさんの相手との会話が弾み、自分を売るチャンスも多くなります。相手が興味のある話ができると、相手も打ち解け距離がぐっと縮まります。

得意ジャンルから話題を広げる

ではどうやって話題を増やしていけばいいのか、考えてみましょう。
相手が聞きたい話は、仕事のことでも、あなたの得意ジャンルでもない場合があります。その為には自分の興味の幅を広げておきましょう。興味がないのでその話題は話せません、ということでは会話が進みませんよね。普段から仕事以外のことに興味を持つようにしましょう。

まずは自分が興味のある分野に注目してみます。誰でも興味があることは楽しそうに話しますよね。スポーツが好き、車が好き、音楽が好きな人と、興味あるジャンルは様々ですが、自分が得意なことはより深く話せるようにしておきましょう。テレビ番組のように「へ~~」と言わせられる話が出来れば、相手はあなたの話に興味津々です!

興味の幅を広げる一番簡単な方法は、得意ジャンルに関係する要素を取り入れること。たとえば「旅行」に興味がある人は、訪れる場所以外に、人、食、店、乗り物、歴史……というように広げていくと、話題がしだいに増えてきますよ。

もっと話題を増やすためのポイントは次のページで、ご紹介しましょう。

更新日:2008年02月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する