住宅購入の費用・税金/住宅購入費用・予算

意外と高い? 歩道の切り下げ工事費用

車庫を造ろうとする部分の歩道と車道に段差があれば、歩道の切り下げ工事を行なうことが基本です。では、この工事費用の負担がどうなっているのかご存知ですか?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車庫を設置するために歩道の切り下げ工事が必要な場合に、その工事費用が全て申請者個人の負担となることはあまり知られていないようですね。



question
更地の土地を購入して引渡しを受け、ハウスメーカーと設計の打ち合わせをしているところです。前面の道路はわりと広い市道で、車道と歩道の間には約15センチほどの段差があります。自分が希望する位置に車庫を造ろうとすると歩道の切り下げ工事が必要で、その費用として約50万円がかかるといわれました。この負担を避けて既存の切り下げ位置から車を入れようとすれば、不本意な位置に車庫を造らざるを得ません。土地の仲介をした不動産業者からは、そのような説明は一切なかったのですが、売主や不動産業者に対して費用の負担や損害賠償を求めることはできるのでしょうか?
(茨城県 匿名 30代 男性)



answer
道路交通における安全上の対策から車道と歩道とが分離され、そこに段差を設けているところも多いでしょう。バリアフリーの視点では問題のありそうな段差を見かけることもありますが…。それはともかくとして、住宅を建築するときにはこの段差があることで思わぬ負担を強いられる場合もあります。

歩道
車庫部分の前の歩道と車道に段差があるときは、歩道の切り下げ工事を行なうことが基本
車庫(カーポート、カースペース)の位置によって歩道の切り下げ工事が必要なとき、施工部分の幅や舗装の種類、ガードレールやガードフェンス撤去の有無、道路標識付替えの有無、電柱移設の有無、街路樹など植栽の有無、側溝工事の有無、付随する歩道の補強工事の程度などによって異なりますが、30~60万円程度の工事費用がかかるでしょう。場合によっては、100万円近いような金額となるかもしれません。そしてこの費用は申請者個人(または法人)の自己負担となることが原則で、この費用を助成している自治体も少ないようです。

  歩道の切り下げ工事にあたっては、車いす使用者への配慮(段差は少なく、スロープは緩やかなほうがよい)や、視覚障がい者への配慮(歩道と車道の境界認知のために段差は残したほうがよい)、使用する材料など、バリアフリーの観点からもさまざまな対策が必要なため、それぞれの道路管理者(国や自治体など)が定めた技術的基準によらなければなりません。いくら自費工事だといっても、自由な形態で工事をすることはできません。
   
  工事後の維持・管理は、原則として道路管理者(国や自治体など)が行ないます。

建売住宅であれば、建築原価として販売価格の中に含まれているため、あまり意識されることはないでしょうが、注文住宅の場合には「別途工事費」や「追加工事費」として具体的な金額が提示され、予想外の費用だとして驚いてしまう人も多いでしょうね。

ご質問のケースでは、土地を購入したときに媒介業者から、歩道切り下げ工事の費用負担が必要となることについての説明を受けていないようですが、それによって媒介業者や売主に損害賠償や費用負担を求めることはできるのでしょうか?


媒介業者や売主に説明責任はある?…次ページへ


更新日:2012年01月01日

(公開日:2007年02月09日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する