トラベル英会話/ホテルで使う英語

スパやプールで使う英語

海外のホテルでは、スパやプールでのんびりくつろぐのを楽しみにしている人も多いはず。スマートに使いこなすための英語をお教えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホテルの役割は、宿泊だけではありません。スパやエステ、プールやフィットネスなど、海外でホテルの施設を存分に楽しむことを目当てにしている人も多いのでは? そこで今回は、ホテルでゆったりラグジュアリーに過ごすための英語をお教えします。

宿泊客でも、まず予約!

ジャクジー  
sauna(ソーナ/サウナ)やjacuzzi(ジャクーツィ/ジャクジー)も人気(発音に注意!)
日本人にとってホテルにスパがあるのはうれしいことですね! 今やスパ設備は高級ホテルのスタンダードとなっているらしく、あちこちのホテルの案内でhotel & spa(ホテルとスパ)、spa & golf(スパとゴルフ)といったうたい文句が目立ちます。

hotel guest(宿泊客)であれば自由に使えるはずですが、念のためこんな風に確認しておくといいですね。

When is the spa open?
(ウェンィザスパオウプン/スパはいつ営業していますか?)

Do I need to make a reservation?
(ドゥアイニートゥメイカリザヴェイシャン/予約したほうがいいですか?)

さて、Please make a reservation.(予約をお願いします)と言われたら、こんな風に伝えます。

Is today's afternoon available? Maybe around 3 o'clock?
(イズトゥデイズアフタヌーンアヴェイラブル?メイヴィアラウンスリーアクラク/今日の午後は空いていますか? 3時ごろとか?)

We are hotel guests. Room 1203.
(ウィアホウテルゲスツ。ルームワントゥーオウスリー/私たちは宿泊客です。1203号室です)

availableは「空いている、用意できる」という意味で、予約のときによく使います。Maybe ~は「多分~」というより、「~はどうかしら」と、ちょっと遠回しにお願いしてみる言い方。また、ホテルによりますが、宿泊客であるということを伝えれば、使用料はまとめてチェックアウト時に請求してくれるはずです。

タオルはついている?

マッサージ
「マッサージ師」はpractitioner(プラクティショナー)
外国のホテルでスパやプールを使うとき、「タオルをもって行くのかしら?」なんて考えてしまいそうですが、海外(および日本の欧米式ホテルでも)タオルはたいていその場に用意されているので大丈夫。不安だったら、念のためこのように聞いてみましょう。

Are towels available at the spa/swimming pool?
(アータウアルズァヴェイラブルアザスパ/スウィミングプール/スパ/プールにタオルはありますか)

このavailableは、予約の際に「空いている」かどうか尋ねるavailableと同じ。ここでは「使える状態にある」かどうか聞いている感じです。なお、「プール」はpoolだけだと「水たまり」も含まれてしまうので、正確にはswimming poolと言います。

「温水プール」はheated swimming poolまたはhot swimming pool。冬場はたいてい温水になっているはずですが、日本人に比べると、欧米の人は寒い時期でも平気で冷たいプールに入ってしまう傾向があります。念のためこう尋ねてみたほうがいいかもしれません。

Is the water heated / hot?
(イズゥオーターヒーテド/ハト/水は温かいですか)

スパでマッサージを受ける人は、アレルギーなども気になりますよね。最初にDo you have an allergy?(アレルギーはありますか)のように聞かれるかもしれないので、こう伝えておくようにしましょう。

I'm allergic to some flowers.
(アイムアラーヂクトゥサムフラウアーズ/花にアレルギーがあります)

allergicは「アレルギーがある」という形容詞。「アラーヂク」という発音に注意してください。また、ほかにpregnant(プリグナント/妊娠している)、have high blood pressure(ハヴハイブラドプレシャー/高血圧である)といった表現も覚えておくといですね。

なお、マッサージをしてもらって「強すぎ!」「痛い!」と思ったら、こう伝えます。

It's a little too strong.
(イツァリトルトゥーストロング/ちょっと強すぎます)

It hurts me a little.
(イトハーツミアリトル/ちょっと痛いですね)

直接的にIt hurts me.(痛いんです)とは言わず、a little(ちょっと)などと言い方をやわらげるところは、日本語も英語も同じですね。

終わって出るときのあいさつは、Thank you.でいいのですが、数日間泊まっているホテルであれば、See you.(ではまた)、Have a nice day.(よい1日を)のように言ってもいいですね。料金はたいてい部屋代と一緒にしておいてくれるはずですが、帰り際にひとこと、こんなふうに告げるとスマートです!

Please charge it on our room account.
(プリーズチャーヂトンァウアルームアカウント/部屋代につけておいてください)

更新日:2010年04月01日

(公開日:2009年03月05日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する