Javascript/Javascript関連情報

.js外部ファイル編 [1] jsファイルの使い方

JavaScript外部ファイル(jsファイル)を読み込み、利用する方法をわかりやすく解説します。外部JavaScriptをうまく利用して、ページのメンテナンスを楽にしましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JavaScript Tips
.js外部ファイル編
jsファイルでメンテナンスを楽にする



■  [1] jsファイルの使い方

JavaScriptは名前の最後に.jsという拡張子のついた外部のファイルを読み込んで 利用することができます。CSSでいえばページとは別に用意した.cssファイルのようなものです。 今回からはこれを利用してページのメンテナンスを楽にする方法について 数回にわたって連載してみます。

  • 1: とりあえず、.jsファイルを読み込んでみる
  • 2: サーバー側の設定について
  • 3: ブラウザ実装状況
  • 4: メリットデメリット




  • 1: とりあえず、.jsファイルを読み込んでみる ←サンプル
    
     呼び出し側 test.htm
    
    
    <script language="JavaScript" src="./test.js"></script>
     
     読み込まれる.jsファイル test.js
    alert('testです')
    .jsファイルを使うのは簡単です。まず、上記二つのファイルを用意します。 呼び出す側のhtmlファイルと呼び出されて読み込まれる.js外部ファイルです。

    呼び出す側のhtmlファイルには、scriptタグを書き「src」属性をつけて そこへ読み込みたいファイルのURL(ここでは./test.js)を記述します。 要するに画像をimgタグのsrcで読み込むようにして外にある スクリプトを読み込むのです。

    読み込まれる.jsファイルの方へは 使いたいスクリプトを書きますが、この時scriptタグや<!--などは不要です。 純粋にスクリプト部分だけを書いてください。 ちなみに、上記のサンプルは下記のスクリプトと同じ動作をします。
    
    
    <script language="JavaScript"> <!-- alert('testです') //--> </script>



  • 2:
  • 3:
  • 4:



次回からは、実際に.jsファイルを使って楽をする事例(笑)について 具体的に紹介していきたいと思います。









更新日:2003年05月24日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する