住宅購入のお金/住宅ローンのことがわかってから家を買おう

住宅ローンの金利が低いことによる効果

住宅ローンを考える際のポイントは、借入額、金利、返済期間の3つです。今回は、この中の「金利」について。1%は「変動型」、2%は「短期固定型」、3%は「全期間固定型」をイメージしながら、ローン金利がローン返済に与える影響に注目します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローンを考える際のポイントは、借入額、金利、返済期間の3つです。今回は、この中の「金利」について。ローン金利がローン返済に与える影響に注目します。

【記事のインデックス】
毎月の返済額に与える影響 ……1P目
残高の減り方に与える影響 ……2P目

毎月の返済額に与える影響

「金利が低いと毎月の返済額は少なくなる」のは当たり前。次の場合で、金利の違いによって毎月返済額にどのくらいの差が出るか見てみましょう。
資金計画例1

資金計画例1


借入額1,000万円、期間35年で計算すると、金利差が1%あることで、毎月の返済額におよそ5,000円もの差が出ます。上記の条件においては、「金利が1%低いと毎月のローン返済額が5,000円少なくてすむ」のです。

ところで、金利差による効果で見逃せないのが、残高の減り方に与える影響です。次ページで見てみましょう。

更新日:2010年01月30日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する